【急いで!!】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

実は容量食い虫のWeb広告!mineoの広告フリーでパケット節約しよう!

実は容量食い虫のWeb広告。mineoの広告フリーでパケット節約しよう。

なぜ「広告フリー」?

ユニークなプラン、オプションで根強いファンがいる格安SIMブランドのmineo、3月1日からまたユニークなオプションの受付が始まりました。

それは「広告フリー」。
毎月の利用料金は無料で利用することが出来ます。

https://mineo.jp/special/2023spring/

なぜこんなオプションサービスが出来たかと言いますと、今のWebサイトなどの事情が大きく効いています。ニュースサイトや各種情報サイトなど、料金無料で利用可能な多くのサイトがページに一定数の「Web広告」「バナー広告」と呼ばれるタイプのCMを挿入しています。

以前はこれらの広告もシンプルでデータ量も控えめな「一枚絵」だけのものばかりでしたが、最近のコンテンツのリッチ化の流れに合わせるかのようにWeb広告自体もある程度データ量を使う見栄えのするものが増えてきています。

データ量使い放題の固定回線等の通信サービスならばそのようなデータ量を食う広告も気にすることなく表示できますが、携帯電話回線を使ったインターネット接続で通信データ量に上限があるような接続プランだと、Web広告に持って行かれる通信データ量が段々と馬鹿にならなくなってきました。

実際にmineoの独自調査ではWebサイトなどを利用するときに消費する通信データ量の実に4割がWeb広告に食われている、との調査結果が出ているようです。

https://mineo.jp/service/data/adfree/

実際、Webブラウザなどでも広告ブロック機能を実装したアプリが増えていますが、この機能を有効にするだけでWebページの表示性能すら高速化できることが分っています。通信データ量がかさむだけではないネガティブな方向の副作用があるということですね。

\当サイトタイアップキャンペーン/
mineo × <デジイミ>契約事務手数料無料

mineoの「広告フリー」で出来ること

mineoの「広告フリー」は通常、色々な面に悪影響が出ることもあるWeb広告表示に使われるパケット数を「カウントフリー」状態にしてくれるオプションです。

https://mineo.jp/service/data/adfree/

このオプションを申し込んで有効化しておくと、Webサイトにアクセスしたときに表示されるWeb広告分のデータ量では月々の通信データ量を消費しなくなります。特定のサービスを利用しても通信データ量を消費しないカウントフリーオプションのWeb広告版ですね。

mineoの調査通り通常はWeb広告が4割もの通信データ量を使っているのだとすれば、広告フリーオプションを契約すると、マイピタプランのユーザーは実質的に使えるデータ量が1.5倍近くに増えるようなものです。

月々の通信データ量をより有効活用しきれるようになるわけです。

広告フリーオプションを有効にしていると、この機能により節約された通信データ量を確認することも可能になっています。これを使って月々どれぐらいがWeb広告にデータを食われていたのかも確認していくと、どれだけこの機能の有用性が高いかも見えてくることでしょう。

\当サイトタイアップキャンペーン/
mineo × <デジイミ>契約事務手数料無料

バナー広告、全部悪ではない?

ただ、バナー広告100%すべてが悪、と言うわけでもないことは頭に置いておいた方が良いかもしれません。

当然ではありますが、情報サイト等を運営していくにはサーバーの運用費用や回線の使用料、掲載する記事を作成する費用などなど多くのお金がかかっています。

そのような費用を賄う手段の一つとしてWeb広告が使われています。

企業が運営する商業的なWebサイトは他にも運営費を手当てする方法を所持していますが、例えば個人が運営するゲームの情報サイト、みたいなWebサイトですと広告料収入がサイト運営費の補助のすべてで、基本的に運営費については有志のユーザーの「手弁当」状態だったりすることもあります。

こういった場合には広告ブロック機能はサイト運営者へのダメージになりかねませんから、mineoの広告フリーオプションは非常に上手い落とし所を狙った機能だと言えます。

\当サイトタイアップキャンペーン/
mineo × <デジイミ>契約事務手数料無料