DMMモバイルのプラン変更方法!プラン変更を賢く使い、月々の通信料をさらに安くしよう

お得なプランが多く存在するDMMモバイル。
お得をさらにお得にするには自分に合ったプランを使うことがベストになります。
でも、プラン変更ってよくわからず、変更するのを迷ったりしますよね。
ここでは、プラン変更について一緒に考えてみたいと思います。

DMMモバイのプランについて

格安SIMのひとつとなるDMMモバイルは、1GBから20GBまで自分の通信量によって選ぶことのできるプランです。
データ通信のみのプランであれば、440円から持つことができ、通話対応の場合は、1260円という低料金で月々利用できるようになります。
最大であっても、データ通信のみプランであれば、3980円。
通話対応の場合は、4690円と、大手携帯会社では考えられないほどの安さで利用できます。

DMMモバイルのプラン変更がすすめられる人

今のプランのままがいいのか、それとも変更した方がいいのか…
プランの変更って難しいし、自分ではなかなか決められないですよね。
ここでは、DMMモバイルのプランを変更した方がいい人の特徴について紹介します。

毎月容量をオーバーし、チャージしている人

データの容量が足りなくなって、毎月チャージをしていませんか?
DMMモバイルは月々の容量がなくなったとしても、追加で料金を支払えば容量を追加することができます。

・100MB…200円
・500MB…600円
・1000MB…1100円

上記のように100MBであればコスパもよく低料金でチャージできそうな気持ちになるかもしれませんが、100MBなんてWi-Fiを使用していなければ、1日持つか持たないかの容量です。

100MBじゃ足りないから、プラスして1000MB などを購入していたり、毎月容量がオーバーしてしまうのであれば、追加購入よりもプランを見直すようにしましょう。
プラン変更はいつでもできますし、DMMモバイルは繰り越しもできるので、上手に使っていけば、チャージするよりも絶対に料金は下がりますよ。

データ容量が余っている人

その月にあまったデータ容量を翌日に持ち越せるのがDMMモバイルのメリットでもあります。
しかし、毎月毎月、容量があまって最終的には容量を捨てているという勿体ないことになっていませんか?
データ容量が余る人は、毎月チャージをする人同様にプランの変更を見直す必要があります。
たしかに、ほんの少しのあまりであれば、変更することで不都合が生じるかもしれません。
しかし、1GB以上余る場合は容量が少し少ないプランにすることによって、月々の料金が下がります。
もし、容量が足りないとなった場合でも、すぐに容量は増やすことができるので安心して変更をしてください。

音声通話も欲しいと2台持ちしている人

DMMモバイルは月々の料金が安いけれど、かけ放題の通話プランがないので、大手携帯会社のかけ放題プランとDMMモバイルのデータSIMのみのプランで2台持ちをしている人はいませんか?

例えば、毎日1時間も2時間も通話をする人であれば、そのままの2台持ちの方が料金的には安くなります。
しかし、大手携帯会社のかけ放題プランが、5分以内のかけ放題プランであり、尚且つ殆ど通話をしないというパターンであれば、2台持ちでなく、DMMモバイルの1台に音声通話も付けた方が料金的に安くなる可能性があります。

・無料通話アプリを使う
smartalkを使う

上記のように通話回線を使わないで通話をおこなえば、殆ど通話料金は必要ありません。
無料通話アプリなどを使えば、通話料金を気にせず通話をすることができます。
それに、DMMモバイルには通話かけ放題プランが存在しないので、使用した分の請求になり、1回の通話に30秒20円といった料金がかかります。

その通話料金を下げるために、smartalkを導入することで通話料金を下げることもできるので通話の少ない人は大手携帯会社のかけ放題プランの料金よりも下げることができるのです。
通話料金の見直しをした際に、DMMモバイル1台持ちの方が、料金が安くなる場合は、ぜひ、データSIMプランから通話対応SIMプランに変更してお得にしちゃいましょう。

DMMモバイルのプラン変更の注意点

折角変更したのに関わらず、プランを変更したのを後悔したら残念な気持ちになりますよね。
ここではプラン変更する際に注意して欲しい点についてお伝えします。

キャンセルできない場合もある

DMMモバイルのプラン変更の利点として、25日が締め切り日なので、プランの変更をおこなっても、気持ちが変わればまた元に戻すことができます。
しかし、すべての場合にこれが適応されるわけではないので、注意が必要です。
例えばSIMカードに関する契約変更であれば、25日が締め切りであったとしても、どの時点で契約してもキャンセルはできません。
プランの問題だけならまだしも、他のも一緒に契約変更しようと考えているのであれば、ひとくくりにして考えるのは止めましょうね。

SIMカード変更はプラン変更とは異なる

キャンセルできない場合と同様で、SIMカードの変更はプラン変更とは異なります。
プランを変更するのと間違えSIMカードのプラン変更をおこなってしまう場合、ひとつにつき3000円の手数料がかかります。
本来はプランだけを変更する予定なのに、契約手数料が出てきた場合は、変更内容を間違っているのだと認識してくださいね。
SIMカードとプラン変更は大きく違うことを理解しておいてくださいね。

適応タイミングをきちんと確認

25日締め切りでDMMモバイルの契約は切り換えていきます。
そのため、即日プラン変更がおこなわれるわけではなく、翌日、あるいは翌々日の変更となるのです。

例えば、2月1日からプラン変更をおこないたいと思えば、1月25日までにプラン変更をおこなわなければなりません。
1月26日に変更をおこなった場合、プランは3月1日からの変更となります。
さらに1ヶ月料金を多く払うのは損な気持ちになりませんか?
翌月に適応させたい場合は、必ず25日までにプラン変更をおこないましょう。

すべて自分でおこなわなければならない

プランの変更をおこなうときに、大手携帯会社であれば、3つの選択肢から変更を選ぶことができます。

・店頭での変更
・ネットでの変更
・電話での変更

大手携帯会社で長いあいだスマートフォンを利用していた人は、DMMでも上記3点の方法からプラン変更ができると考えているかもしれません。
しかし、それは大きな間違いです。
DMMのプラン変更はネットでの変更しかおこなえません。
つまり、すべてを自分でおこなわなければならないのです。
これは、月々のスマートフォンの利用料金を少しでも抑えるために、DMMが店舗を準備していないことが理由としてあげられます。
自分でプラン変更をするのは抵抗がある人もいるかもしれませんが、次の章で変更の仕方も紹介するので、安心してプラン変更にのぞんでくださいね。

DMMモバイルのプラン変更方法

それでは最後にDMMモバイルのプラン変更方法を見ていきましょう。
やっぱり自分で初めてのことをするのは不安ですよね。
それでも、大丈夫、難しいことは何もなく、まず、マイページにログインするところからスタートしましょう。

  1. DMMモバイルのマイページにログイン
  2. 契約内容変更をタップ

マイページはホーム画面などの分かりやすい場所にあるはずです。
もし、どこにあるのかわからないという時は、『DMMモバイル』と検索し、公式ホームページがログインすれば簡単です。

ログインができたら、契約内容変更を選んでください。
そのなかで変更したい容量を選んですすむだけです。
DMMモバイルは1GBから20GBまでの幅広いプランが存在しますし、何度だって契約を変更することはできます。
そのため、安心して自分に合うプランを選んでいってくださいね。

プラン変更が無事に完了したら、登録しているメールアドレスに契約変更を確認したメールがきます。
これで変更は完了となります。
自分では変更したつもりであっても、メールが届かない場合は変更できていないということなので、また1からやり直してみてくださいね。