【急いで!!】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

iPhone用の充電器やケーブルをコンビニで購入!品揃えが強いのはどこ?

iPhone用の充電器やケーブル壊れてしまって、今すぐに欲しい!っとなればコンビニですよね。

コンビニのセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・セイコーマートでiPhoneの充電器・ケーブルを調べてきました。

結論!iPhoneの充電器・ケーブルを買うならセブンイレブンが良いです。純正品だけじゃなく安心感のあるAnkerも取り扱っているからです。

iPhone用の充電器・ケーブルを今すぐ欲しい方は参考にしてみて下さい。

セブンイレブンの状況

セブンイレブンのスマートフォンの電源関連アクセサリのコーナーにはApple純正品、Anker社の製品が並んでいます。特にiPhoneユーザーには安心感がとても高い品揃えだと言えると思います。

Androidスマホを使っているユーザーでもこのタイプの製品メーカーの中では最大手と言えるAnker製品が選べるのはありがたいことだと思います。性能・品質面での安心感がやはり違いますからね。

店舗によっては対応ノートパソコンでも十分に急速充電が可能な高出力のUSB PD対応のACアダプターを取り扱っているところもあり、PCユーザーも緊急時の対応での恩恵にあずかれる可能性があります。

Anker製のモバイルバッテリーの取り扱いがあるケースも多いですから、対応可能な範囲は思いの外広くなっています。

弱点があるとしたら純正品&メジャーメーカー製の製品であるゆえに、それぞれの製品の単価が他のコンビニ取扱商品よりも若干高めになる可能性があることぐらいでしょうか。

ただそれでも著者としては電源関連アクセサリに関しては価格よりも安心感の方を重視したいですね。特に高い出力が可能なUSB PD関連では「発火」のリスクまで考えるなら、安心のメジャーメーカー製品を選びたいです。

3in1の充電ケーブルもありましたよ。

ローソンの状況

ローソンは以前と比べるとスマートフォン関連アクセサリの取り扱いスペースを思い切って縮小しています。あくまで「緊急用」として最低限必要な製品のみに絞り込んだ形の商品展開を行なっているイメージです。

電源関連の製品も、一般的な急速充電(5V2A前後)までの対応となるACアダプターぐらいまでの取り扱いに限定されている感触ですね。モバイルバッテリーの取り扱いがある店舗もありますが、大容量のものは扱われていないようです。

こちらも外出時にいつも使っているものを忘れてしまった時などの「レスキュー用」的なポジションではないかと思います。

取り扱っている電源関連の製品も純正品などはなく、「ジェネリック家電」的ポジションのメーカーが選ばれていました。

ただ、最近は病院の売店をコンビニエンスストアが担当するケースが増えているようなのですが、そういったタイプのローソンでは少しスマートフォンの電源回りのアクセサリの品揃えが厚くなっているようです。入院患者さん向けの対応でしょうね。

ファミリーマートの状況

ファミリーマートはスマートフォン関連のアクセサリでデザイン統一を行なった製品を投入しています。これ、スマホアクセサリのプライベートブランド化ではないかと思います。

https://www.family.co.jp/goods/daily_necessities/7750045.html

この製品群によりスマホアクセサリ売り場の統一感を出す施策に舵を切ったようですから、メーカー純正品やその他のサードパーティ製品の取り扱いは難しくなっているでしょう。

その代わりPB商品は中身の方も刷新されて新しくなっており、USB PD対応で高出力なACアダプタなどもラインアップされていて、対応範囲自体は非常に幅広くなっていると考えて良いでしょう。

また、PB商品ゆえに価格面の方も期待できると思います。

セイコーマートの状況

ほぼ北海道限定の情報になってしまいますが、セイコーマートもスマートフォン関連商品の取り扱いスペースがかなり縮小されています。扱われている製品もやはりメジャーではないサードパーティー製品。Apple純正品の取り扱いはありません。

ACアダプター、スマートフォンと接続するためのケーブルなど、取り扱う品物の種類もミニマムで、やはり緊急用的なポジションでの製品展開になっているようです。

頭一つ抜けているのはやっぱりセブンイレブン

スマートフォン市場が立ち上がっていく時、まだみんなにスマホの端末が行き渡っていないタイミングでは、各コンビニエンスストアともかなりの場所を裂いてスマホ向けの商品、ACアダプターやケーブル、SDカードにBluetoothヘッドセットなどを数多く店頭に並べていました。

ですが、今はスマートフォン市場の状況が大きく変わっています。

端末自体はほしいと考えている人たちほぼすべてに行き渡っていて、コンパクトで性能の良いACアダプター/充電器の重要性や良さも分かっている人が増えました。

また、大きな災害での「ブラックアウト」を経験した人も多く、「モバイルバッテリー」の重要さも広く認知されるようになりました。

結果、このような重要な周辺機器を持つユーザーの割合も増えたため、コンビニでこのタイプの製品を急遽入手するユーザーも減ってきていると考えられます。コンビニの売り場縮小もこういった流れを受けたものだと思います。

セブンイレブン以外のコンビニではスマホ周辺機器の取り扱いはミニマムなものになりつつあります。

これと本当に好対照なのがセブンイレブンのスマホ関連商品売り場。アップル社純正品に加え、このタイプの製品を開発・販売するメーカーとしては恐らく最大手となる「Anker」の高品質製品を取り扱うコーナーがあるのです。

店舗によって品揃えは多少異なりますが、場合によってはAnker製の高出力USB PD対応ACアダプターまでコンビニ店頭で入手可能なのです。Apple社純正品も一定数の取り扱いがありますのでiPhone向けの充電器などの扱いに関しては、セブンイレブンが他のコンビニを頭一つ以上リードする形で強力な品揃えを誇っていると考えて良いでしょう。

少々高めでも高品質・高性能な充電器が急遽必要になったら、セブンイレブンに走るのが正解です。

ではもう少し具体的にそれぞれのコンビニのスマホの電源関連の製品取り扱い状況をいかにまとめていきます。

おまけ) 著者がAnker推しの訳

一言でまとめるなら非常に「発熱が少ないから」です。

ACアダプター(充電器)でもモバイルバッテリーでも電圧等々の変換が入りますが、その際にはどんな製品でも100%電力を変換しきることは出来ずロスが生じてしまいます。そのロスのそれなりの割合は基本「熱」になって逃げていきます。

つまり発熱の少なさは「変換効率の高さ」のザックリした目安になるのです。

関連記事

iPhoneのイヤフォン変換アダプタはコンビニで買える?おすすめはどこ?

iPhoneのイヤホン変換アダプタはコンビニで買える?おすすめはどこ?