【2020年版】LINE漫画の詳細について!有料/無料コンテンツについても解説!

LINE漫画アプリのダウンロード数は2019年4月時点で累計2300万人を超える人気を誇っています。
しかし未だに使ったことがない、使いたいけどどしたらいいの?という人も多くいると思うので今回はLINE漫画の詳細な使い方についてまとめてみました。

コミックシーモアのお得なキャンペーンページ

LINE漫画ってなに?無料で読めるのか

今まで使ったことのない人からすると一体どういう仕組みなのかと疑問が多いと思いますので、順番に解説していきます。
気になる無料なのか、有料なのかということに関しても触れていきます。

LINE漫画の概要を説明

LINE漫画は配信している漫画を読むことができます。
主な特徴として

  • 完全無料で読める漫画あり
  • 立ち読み機能
  • コインを買って有料で読む
  • インディーズ作品は読み放題

上記4つのポイントがあげられます。
ポイントごとに特徴がありますのでわかりやすく解説していきます。

完全無料で読める漫画あり

こちらはLINE側が無料で読めるようにしている作品が該当します。
画面上に『無料連載』という記載がある場所をタップすると無料連載している漫画が表示されます。

曜日ごとに連載している漫画異なります。
なのでイメージとしては1週間に1回更新されていくということになります。

詳しくは後述します。

立ち読み機能

こちらは本来であれば有料の作品である漫画の最初の数ページを無料で読める機能です。
だいたいのケースが最初の1話分を読めることが多いので、読んでみて面白ければ購入するという使い方ができます。
読んだことない漫画だけど表紙の絵の感じが好きだなとか、読んでみたいけど内容がわからないと買うのは嫌だなという時に役立ちますね。

コインを買って有料で読む

LINE漫画では直接の課金ができません。
LINE漫画のコインを購入し、読みたい漫画に必要なコインを消費するという流れになります。
有料漫画には今人気の漫画や最新刊なども含まれるので、わざわざ単行本を買わなくてもスマホで読めてしまうというのが最大のメリットです。

インディーズ作品は読み放題

インディーズ作品は漫画家が自由に掲載できるという内容になっています。
自由に掲載しているので当然無料で全話読むことができます。
無名な漫画家さんが人気を集めて売れっ子漫画家さんになる為の場所と言ってもいいかもしれません。
実際に読むさはどの漫画がいいのかわからないと主思いますので、『人気順』で読んでいくのがオススメです。

無料で読める本は限定されている

無料連載のカテゴリにある漫画は有料よりも作品数が少ないです。

キャンペーンで人気作や話題作が限定的に無料連載のカテゴリに掲載されている場合もありますが、だいたいは少し前に流行った漫画やニッチな漫画が無料カテゴリに分けられています。

無料連載のみであればわざわざLINE漫画アプリをダウンロードすることなくLINE上から読むことができます。

無料連載を読む手順について解説していきます。

毎日1話は無料で読める

無料連載には読む方法が2つあります。

  • チャージを消費して読む
  • チャージを消費せずに読める

この2つです。

無料連載漫画の最初の1話から10話程度まではほとんどの漫画は無料で読めます。
話数が新しくなってくるとチャージを消費しないと無料で読めないという仕組みです。

注意点としてチャージを消費してから回復するまでには23時間かかります。

しかし、このチャージ機能は漫画ごとに決められています。
つまり5種類の漫画を読んでいる場合は23時間後には5冊分の次話を読めるようになります。

※同じ漫画を5話連続で読めるわけではありませんので注意。

1冊から3冊無料などのキャンペーンがある

話題作や人気作の漫画は最初の数巻を無料で読めるというキャンペーンを行っています。
期間が決まっておりその期間内であれば無料で読めてしまいます。

ニュースで取り上げられた、Twitterで話題、映画化決定、アニメスタートなどの話題があると1冊単位で無料で読めるようにしているケースが多いです。

有料は108円から購入可能

続いては有料作品について解説します。
有料作品は1話単位から1冊、まとめ買いというように自分の好みに合わせて購入できます。

有料作品を読むにはLINE漫画アプリが必要

有料作品はLINEアプリでは読むことができません。
LINE漫画アプリをダウンロードしてアプリ内で読むという方法になります。

ダウンロードは無料ですし、特にデメリットはありません。

コインはどうやって買うの?チャージ方法は簡単

先ほども書きましたが、LINE漫画は直接の課金ができません。
LINE漫画内で使えるコインを購入するという方法になります。

少しめんどくさと感じるかもしれませんが実際は非常に簡単です。

アプリ画面からマイメニュー画面へ行くと『コイン購入』という場所があります。
そこをタップすることで購入することができます。

コインをいくら分買うかによって金額が異なります。

特典として多くのコインを買うとボーナス分が付与されてお得です。
5000円で5200コイン買えますので、200円お得になります。

課金しなくても有料作品を読む方法

実はLINE漫画にはコインを買わなくても有料作品を読めてしまう方法があります。

それはマイメニューにある『コインをゲット』という場所にあります。

こちらをタップすると条件クリアでコインをゲットという項目がでてきます。
内容は様々で、クレジットカードの申し込みで1400コイン、動画サービスへの無料登録で500コインなど様々な内容があります。
クレジットカードの作成はさすがにハードルが高いと思うので、無料登録やアンケート回答などを複数こなしてコツコツとコインをためていくと実質無料で有料作品を読むことができます。

無料登録系の案件は無料期間に解約しないと次月から課金されるので、いつ解約するのか個人でしっかりと把握しておく必要があります。

なんで無料で読める本が多いのか

LINE漫画は他の漫画アプリと比べても無料の作品が多くあります。
そんなに無料で公開して大丈夫なのかと心配になりますよね。
しかしLINE側は非常に上手い方法をとっています。

課金してもらう為にあえて数話無料にしている

数話分を無料で読ませることで、作品の内容がある程度わかりますよね?
いざ本題に入るぞというところからは有料です。という方法を取っています。

その為、読者は続きが気になり思わず課金してしまうという流れです。

これは非常に読者の心理を上手くついている手法だと思います。

無料で数話読まなければ課金することもなかった読者に見事にお金を払わせるわけですからね。
ファンではない人にきっかけを与えファン化させるという仕組みです。

全巻まとめ買いする人は少ないでしょうが、続きが気になって寝れないという読者は少額であれば課金してしまうと思います。

ユーザー数は2300万人ですからその1/3のおよそ770万人が100円課金しただけでも7億7千万円になりますので利益を上げてるのは間違いないでしょう。

なので急に閉鎖という事態にはならないので安心ですね。

LINE漫画読むとタイムラインに公開される!?

『LINEで漫画を読むとタイムラインに公開されてしますので、コアな漫画を読めない。』

という内容のつぶやきを発見しました。

しかし、こちらは完全なデマですので安心してください。

LINE漫画を読んでもタイムラインに公開されることは一切ありません。

なぜこのような情報が広まったかと言うと、

以前まで、LINEマンガではタイムラインにマンガの情報が載るようになっていたからです。
他のマンガアプリでは先読みをしたときには、シェアすると読める機能があったりしますよね。
LINEマンガでも、そのような機能があり、タイムラインにシェアすることで先読みができるようになっていました。(今現在は、先読みは廃止されている。)

しかし、現在では、タイムラインに情報が載る仕組みは全て廃止されています。

気に入った作品にいいねを押しても、コメントを書き込んでもシェアされることはありません。

ただし、タイムラインではバレませんがLINEマンガのアプリには履歴が残りますので、友達に自分のLINEマンガアプリを開かれるとバレてしまいます。

アプリを見られてしまうとバレますので、そのような方は注意してく下さい。

コミックシーモアのお得なキャンペーンページ