mineoでは未成年名義で契約・利用できる?18歳未満と18、19歳では異なるので注意?

mineoでは18歳未満の未成年の名義で契約できないようになっています。
契約できないので、18歳未満の未成年にmineoのSIMカードを与えるには、代わりに保護者が契約し、利用者登録を18歳未満の未成年の名義にします。

18、19歳の未成年は本人名義で契約できるけど、親権者の同意が必要だったりします。

18歳未満の未成年と18,19歳の未成年では契約の手段は異なってきます。ちょっとややこしいですよね。

なので、今回は18歳未満の未成年と、18,19歳の未成年の契約の方法を紹介していこうと思います。

契約はしてあげるけど支払いは子供なんて家庭もあると思います。
頑張ってアルバイトしても月に稼げても数万円です。大手キャリアを契約するより、格安SIMを契約した方が遥かに貯金できます。

かめさん

大手キャリアで過剰なサービスを受けるより、格安SIMでうまくやって行くすべを身につけさせるのもいいよね。

うさぎさん

確かに!ネットも電話も使えるし、ほとんど変わんないしね。
mineoを検討しているなら必読!

mineoのSIMカードの種類を間違えて申し込む人が続出しています。

SIMカードの種類を間違うとスマートフォンが使えなくなるので必ず以下のページを読んでおきましょう。

【mineoマイネオ】au VoLTE対応SIMとは?nanoSIMの違いについて!auのiPhone/Androidを使う場合は注意しよう

利用者登録って何?利用者登録すれば未成年でも使える?

mineoでは『契約者名義』と『利用者名義=利用者登録』があります。

契約者名義は、mineoの申し込み者であり契約した人の名義となります。

利用者登録とは、スマートフォンを使用する人の名義となります。つまり契約ではないけどmineoのSIMを利用している人となります。
例えば、夫が妻の代わりに契約して、契約者名義は夫だけど、利用者登録で妻の名義になっている。
18歳未満の未成年は契約できないから、親権者が代わりに契約者名義になって、利用するのは息子、娘。
とできます。

利用者登録は必須?

あれ、利用者登録しないといけないの??????
と、はてなマークを飛ばしている人もいるでしょう。

そう、別に契約者以外がmineoのSIMを使っていても利用者登録はしなくても問題はないのです。

だって、mineo側には契約者の妻や、娘、息子が使っているなんてわかんないんです。
保護者が代わりに契約して子供に渡しているとことなんてたくさんありますよね。

しなくてもバレない利用者登録は意味あるのか?

mineo側としては、利用者が違う場合、利用者登録をして欲しいからです。
何かに巻き込まれた時に、利用者登録をしてもらっていた方がわかりやすいですよね。

また、未成年には安全のためにフィルタリングを推奨しています。
利用者登録する際には年齢登録もするので、フィルタリングを追加するかしないか問われます。フィルタリングが必要なひとは追加して貰うことも出来ます。

顧客の安全の為にもmineo為にもなります。

18歳未満の未成年の契約方法について!

mineoでは18歳未満の未成年は契約出来ないので、保護者が代わり契約して貰う必要があります。

1、保護者を契約名義にし、利用者登録で18歳未満の未成年の名義にする。
2、保護者を契約名義にし、利用者登録も保護者名義にする。

1、2のパターンがありますが特に何かが使えなくなるなんてことはありません。

ただ、利用者登録をすることで、契約後に支払い名義を変更することができます。

申し込み段階では、契約者名義と支払い名義のクレジットカードを同一にしなければ審査に落ちてしまいます。
しかし、契約後であれば、利用者登録をすれば支払い名義を変更可能となっています。

15歳以上であればデビットカードが作成でき、18歳以上で高校を卒業していればクレジットカードが作成することができます。

自分の携帯代は自分で支払いたい人は、2番目の、保護者を契約名義にし、利用者登録も保護者名義にする。ようにしましょう。

18、19歳の未成年の契約方法について!

mineoでは18、19歳になれば自分名義で契約できるようになります。しかし、親権者の同意が必要となります。

1、保護者を契約名義にし、利用者登録で18、19歳の未成年の名義にする。
2、保護者を契約名義にし、利用者登録も保護者名義にする。
3、18、19歳の名義を契約者名義にし、親権者の同意を貰う。

1、2のパターンは先ほども説明したように利用者登録をすることで、契約後に支払い名義を変更することができます。

申し込み段階では、契約者名義と支払い名義のクレジットカードを同一にしなければ審査に落ちてしまいます。
しかし、契約後であれば、利用者登録をすれば支払い名義を変更可能となっています。

15歳以上であればデビットカードが作成でき、18歳以上で高校を卒業していればクレジットカードが作成することができます。

3、のパターンでは自分名義で契約できるけど、親権者の同意が必要となってきます。親権者の同意と聞くとめんどくさそうな匂いがしますが、親権者に確認事項を確認してもらってチェック欄にチェックを入れてもらって、親権者の情報を入力するだけです。
まぁ、親権者に確認してもらわないで自分で入力する人もいそうですよね笑

18歳以上になれば契約者名義は変更は無料でできる!

mineoでは18歳以上になれば契約できるので契約者の名義変更は簡単に無料でできます。

格安SIMでは契約者の名義変更ができないことがありましたが、mineoでは契約者の名義変更ができるようになりました。

3親等であれば無料で名義変更できます。
3親等は下の画像で確認してください。

契約者名義を変更しないと大変なことになる?

契約者の名義を変更しないと、MNPした時に契約者の名義になってしまいます。

MNPとは、他社に乗り換える時にそのまま電話番号を引き継ぐことです。

mineoでは契約者=電話番号の持ち主となっています。

利用者名義と契約者名義がごっちゃになってしまうので注意してください

記事まとめ

mineoでは18未満の未成年は契約できないようになっています。
でも18、19歳も未成年になりますが、18歳以上になれば未成年名義でも契約できるようになります。

なので問題は18未満の未成年の場合ですが
代わりに保護者が契約してあげれば解決します。保護者が契約すれば利用者登録してもいいですがしなくても何も問題ありません。
モラル欠けてるなと思う人は利用者登録すればいいでしょう。

未成年、成人が契約しようとmineoで受けれるサービスは同じなので心配する必要はありません。

また、18歳以上になれば名義変更ができるので、成人になった時に契約者名義を変更するといいかもしれませんね。