【超お得に契約】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

マイネオ(mineo)がやばい?潰れる可能性がある?

タイトルのような検索が最近行なわれるケースがそれなりにあるようです。

この件、実際の所はどうなんでしょう??

まず最初に結論だけ書いてしまいますと、今のmineoの運営には問題はありません。

この辺りの噂レベルの情報の原因になったかもしれないものなど、mineoや格安SIMサービス界隈の状況をザックリとまとめてみます。

現在は堅調に推移

冒頭でも一言書きましたが、現時点のmineoの運営は堅調に動いて行っています。収支の黒字化も出来ていますし、ユーザー数も安定したレベルを維持。普段の通信状況においても大きなトラブルもなく従来通りの利用が出来ているはずです。

疑念の原因になったのはこの辺り?

確かに一度、mineoもある年度の決算で赤字を計上したことがあります。ただ、それは2018年度のお話。確かに一度、2019年4月前後にニュースにもなりました。ですが、現在は既に収支も改善。安定した運営を続けているはずです。

>https://newswitch.jp/p/16999

現在も格安SIMサービス界隈の状況は色々と厳しく業者の淘汰も未だ進む状況にはありますが、現時点で特段mineoの運営に問題は生じていないと思います。

なぜこのタイミングでタイトルのような検索が行なわれているのか、著者個人としてはちょっと不思議な感じを持ちますね。

基本的に格安SIMサービスの運営は厳しい

2019年ごろmineoの事業環境が厳しさを増したのは事実で、その前後のタイミングでMVNO業者の統廃合が一段と進んだことがありました。

MVNOは自社でモバイルネットワークの施設を持たずに回線を大手キャリアから借り受け、サービス維持に対して必要性の少ない資源を出来るだけスリム化することで、低価格な通信を実現するサービスです。

この仕組み上、どうしても大手携帯電話キャリアの経営方針等々に強く影響を受けます。一例としては、キャリア側が回線を貸し出す料金の設定が直接MVNOサービス側の料金体系や収支構造に響く業態です。

具体的な数字はもちろん一般のユーザーには見えてきませんが、キャリアがMVNOに回線を貸し出す料金の方は結構ギリギリを突かれている雰囲気で、MVNO側はユーザーに提供するサービスの品質・価格とそれを維持するための費用のバランスに苦心し続けています。

また、総務省がかなり強引に大手キャリアに料金値下げの圧力をかけ続けた関係で、4つのキャリアは従来ならばMVNOの価格レンジだったところまで基本料金を圧縮したプランを用意してきました。

この結果、大手キャリアではなくMVNOが大きなダメージを負うような施策になってしまっています。

MVNOはその仕組み上、大手キャリアと同じ通信品質を維持することは出来ません。そこそこの通信品質を格安な料金で実現するようなサービスです。auのPovoやドコモのahamoといったサービスが低価格で実現されると、MVNO側のプランの品質と料金のバランス設定はかなりシビアなものになってしまいます。

>https://ahamo.com/index.html

登場当時はとても大きな期待を持って迎えられたMVNOのサービスですが、サービスの方向性や実効通信速度などの点から現時点までは市場規模はそこまで大きくはなかったようです。

メイン回線として完全にMVNOに乗り換えるユーザーは少なく、複数回線を使い分けるユーザーがサブ回線として運用するケースが多そうです。結果、大きくはないパイをそれなりの数のMVNO業者が奪い合うような構造で、業者の統廃合もかなり進んでいます。

MVNOサービスを運営する会社の母体が大企業だから大丈夫、とも言えないのが難しいところではあります。そういった大企業ほど、「損切り」の際の動きは迅速ですから。MVNO事業の採算が取れなければ、事業自体を本社から切り離して売却、等々の動きはいつでも起こりうることです。

完全にサービスが消え去ったMVNOは実は少ない

MVNOのサービスが可能になった直後は携帯料金引き下げの鍵となるサービスとしても大きく注目を集め、たくさんの会社がこのサービス提供に乗り出しました。

ですが現実の状況は色々と厳しく、登場当初と比べると現時点で継続されているサービス数は大幅に数を減らしています。スタート当初は明らかに過当競争でしたからね。

ただ、完全にサービスが消え去ってしまってMVNOでの携帯ネットワークが全く利用出来なくなった、といったサービスは実は少ないかもしれません。多くの場合、事業継続が不可能と判断した会社も、事業等を他社に譲渡して結果的にサービスが継続するケースが多くなっているからです。

もちろん、他社運営に切り替わった後はサービスや料金体系等々、様々な利用条件は移行後のサービスに統合されていきますが、いきなり「明日から携帯ネットワーク使えません」、という状況に陥ってしまうリスクは少ないと思います。もちろん100%確実に継続可能とは言い切れませんが。

大手キャリアが格安プランを打ち出している今でも、使い途によってはMVNO側のサービスの方が上手くマッチするパターンもしっかり残っています。上手に使い分けてお得にネットを利用しましょう。