【急いで!!】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

iPhoneの写真をパソコンなしで保存する方法!USBメモリ・SDカードに移すには?

iPhoneの容量がいっぱいになったけど、パソコンがない…っと困っている方は多いのではないでしょうか。

今回このページでは、パソコンなしで写真を保存する方法について解説していきます。

iPhoneの容量がいっぱいになっている方は参考にしてみて下さい。

iPhoneの大量の画像はコレで解決!

SNSで話題「Qubii」。

寝てる間にiPhoneの画像を自動で保存してくれる「Qubii」がオススメです。

実機レビューもしているので覗いてみてね↓

Qubii Duoの評判/口コミは?実機レビュー!

Qubii Duoの評判/口コミは?実機レビュー!

iPhoneの弱点?

iPhoneは非常に高いセキュリティレベルを達成していることがその優れた点の中の一つです。

iPhoneのOSのiOSでは優れたセキュリティを達成するためにいくつかユーザーが出来ることに制限を加えています。その制限の一つが簡単にはストレージの容量を追加出来ないようになっていることだと考えてください。

出来るだけシステムの構成にユーザーが手を入れられないように固めることで、リスクの可能性となり得るものを取り除こうとしています。まあ、内蔵ストレージの容量が大きく単価が高い端末を売りたい、という営業上の考えもあることは否定しませんけれども。

こういった諸々の理由でSDカードを内蔵しない仕様になっている点が、人によってはiPhoneの大きな弱点になり得ます。

基本的に内蔵ストレージの方が書き込み速度/読み出し速度とも高速ですが、すべての用途にそれほど高速なストレージが必要なわけではありません。

OS本体やアプリは出来るだけ性能が良いストレージに配置されていた方がスマホの使い勝手がグッと良くなりますが、例えばカメラで撮影した写真の保存はよほどの超高速連写でもしない限りそこまで高速なストレージが必要なわけではありません。

ですので、速度は劣るもののすごく安いコストでストレージを大きく拡張出来るSDカードは実はかなり良い妥協点なのです。

iPhoneの容量がいっぱいになったらUSBメモリやSDカードにデータを逃がそう

iPhoneで写真や動画をどんどん撮影しているユーザーは割と簡単に内蔵ストレージの容量が足りなくなると思います。Apple社的にはそういった際には通常はiCloudのクラウドストレージにデータを逃がすことを想定しているのではないかと思います。

ですが今の内蔵ストレージの容量が大きくなったiPhoneのバックアップを行なうには、iCloudの容量を拡張して維持するための料金がそれなりに必要になってきます。

出来るだけコストを抑えてiPhoneの写真や動画のバックアップを取ってiPhone側のストレージの容量を空けるためにおすすめなのは、「USBメモリ」や「SDカード」を使うやりかたです。

これらのメディア(=外部記憶)に写真のデータをコピーして、iPhone本体側からは削除することでiPhoneの容量を空けることが出来ます。そしてこの操作にはWindowsパソコンやMacを別に準備する必要もありません。iPhoneだけでも十分に作業が出来る事柄です。

iPhoneに備わっている「ライトニングコネクタ」は充電のためだけの端子ではないのです。

iPhoneのライトニング端子には「USB2.0」相当のデジタルデータをやりとりする機能が備わっています。これを利用して色々な周辺機器を繋ぐことが出来るようになっているのです。

主にサードパーティ製品になりますが、ライトニングコネクタに直接接続出来る「カードリーダー」やUSBメモリも販売されています。また、ライトニングコネクタとUSB端子の変換コネクタも販売されています。

こういったガジェットを一緒に使うことでiPhoneとSDカードやUSBメモリを接続、データをやりとりすることが出来るようになります。

iPhoneの大量の画像はコレで解決!

SNSで話題「Qubii」。

寝てる間にiPhoneの画像を自動で保存してくれる「Qubii」がオススメです。

実機レビューもしているので覗いてみてね↓

Qubii Duoの評判/口コミは?実機レビュー!

Qubii Duoの評判/口コミは?実機レビュー!

iPhoneでSDカードを使う方法

iPhoneで一番手軽にSDカードを扱う方法のひとつは、ライトニング端子直結型の「カードリーダー」を入手する方法です。

例えばAmazonで販売されているこんな感じの製品ですね。

iphone sdカードリーダー【正規認証品、24ヶ月保証】Lightning – SDカードカメラリーダー 高速転送 ライトニング sdカードリーダー 最大512GB対応 sdカードリーダー iPhone/iPad用 日本語の取扱説明書が付属 iphone Lightning sdカードリーダー 双方向転送 4Kビデオ転送 データ移行保存 高精細写真動画/音声ファイル 設定不要 sdカードリーダー 「KAN」プロセッサ搭載で性能が大幅アップ 自動接続適応機能搭載 iPhone データ移行 iOS16適応 (SDSC/SDHC/miniSD/microSD/MMC/SDXC 互換)
JUSST

SDカードのようなメモリカードには今でもそれなりの種類がありますが、一般ユーザー向けの製品はほぼSDカードに集約されたといっていい状況になっています。つまり、カードリーダー側はSDカードだけに対応出来ればそれでほぼ十分と考えていいでしょう。

挿せるカードがフルサイズのSDカードならば、Androidスマートフォンや最近ではノートパソコンでも採用されるケースが増えたマイクロSDカードにもアダプタを介して対応が出来ます。

本格的なハイアマチュアからプロが使うようなデジタル一眼カメラや高性能なビデオカメラではもっと高速なメモリカードを使いますが、そういったごく限られた特定の用途以外、SDカード以外に対応するカードリーダーは必要ありません。

また、ライトニングコネクタは規格上「USB2.0」の信号までしか対応していません。USB2.0ですとデータの転送速度は理論上最大480Mbps。USBの規格的にはこの数字を全部データ転送に使い切ることは出来ないことになっていますので、実際のデータのやりとりのスピードは毎秒40MBぐらいが限界です。

ですので、必要以上に性能が良いカードリーダーやSDカードを用意する必要はありません。

上に書いたのと同じ理由で、大量の写真をSDカードに書き出すためにはある程度時間がかかってしまうことになります。iPhoneにカードリーダーを繋いだまましばらく作業が終わるまで待つ必要があるわけですね。

こういった場合に便利なのは以前こちらの記事で取り上げた「Qubii」というガジェットです。

Qubiiには充電用の電力をパススルーでACアダプタからiPhoneに流す機能と、USBの信号でiPhoneと接続してメモリカードリーダーの役目をする機能が内蔵されています。Qubiiを充電器に接続してさらにQubiiからiPhoneにも接続することで、「iPhoneを充電しながら」データのバックアップが出来る優れものなのです。

大量の写真を全部いっぺんにSDカードに書き出すとき、充電を行なう待ち時間にバックアップの作業をさせておくことができるわけですね。充電の待ち時間を無駄にしないちょっとしたアイディア商品です。

iPhoneにUSBメモリを繋ぐには

iPhoneにUSBメモリを繋ぐには大きく分けて二つの方法があります。

一つはライトニングコネクタを採用したUSBメモリを使うこと。

もう一つはライトニングコネクタからUSBの変換コネクタを使うとかライトニングコネクタに挿せるUSBハブを介して、一般的なUSBメモリを使う方法です。

前者ですとそのUSBメモリはほぼiPhone専用になりますが、後者ですとパソコンなどUSB Type-Aコネクタを持つデバイスに流用が出来ます。

おすすめは後者の方法ですね。他のデバイスとの間でデータのやりとりを簡単に行うこともできるからです。変換コネクタやハブの分、余計な予算が必要になりますが、汎用性はずっと高くなります。

どちらのやり方にせよ、SDカードと同じようにあまり高速なUSBメモリを準備する必要はありません。性能はそこそこで大丈夫ですので、容量をたっぷり備えておきましょう。