【急いで!!】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

楽天ひかりの評判からわかるメリット・デメリットについて!

フレッツ光はよく耳にするけれど、楽天ひかりって初めて聞いたって人もいるのではないでしょうか?

そんな楽天ひかりを知らない人のために楽天ひかりのメリット・デメリットについて解説していきます。

楽天ひかりのデメリットって?大損しない為に知っておくべき7つのこと

楽天ひかりのデメリットって知っていますか?
実は、このデメリットを知らないで契約してしまうと、大損してしまうかも…
そんな、大損をしないために、ここでは、楽天ひかりの7つのデメリットについて紹介していきます。

契約時に感じてしまうデメリット

知ってても知らなくても、「えっ!?」と感じてしまうデメリットが、楽天ひかりには存在します。
しかし、このデメリットを知らずに契約に行ってしまったら、後戻りはできなくなってしまいますよね。
まずは、契約時に感じてしまう、3つのデメリットについて紹介していきます。

スマートフォンとのセット割り引きが存在しない

ドコモ光などの楽天ひかり以外の回線を使っていた人はわかると思いますが、他社の回線を利用していた場合は、セット割り引きが適応されます。

このセット割り引きとは、例えばauのスマートフォンをつかっている人がauの光回線を契約し、使うと、スマートフォンの月々の料金が二千円割り引かれるといった、スマートフォンの本体代が割り引きされるというサービスです。
現代はスマートフォンの本体の料金が十万円もしたりするので、非常に高いですよね。
せっかく、格安SIMにしていても、月々の機種代の分割料金が高ければそれで、月々の料金は上がってしまいます…
だからこそ、このスマートフォントのセット割り引きは大切になってくるのです。
楽天モバイルのスマートフォンには、格安スマホも準備してありますが、これはあくまで、楽天モバイルのなかで格安スマホを選ぶ形となります。
決して、スマートフォンとのセット割り引きが適応されているわけではありません。
このスマートフォンのセット割り引きが存在しないのは、新しくスマートフォンの購入を考えている人にとっては、デメリットにしかなりませんよね。

キャッシュバックの金額が思ったよりも少ない

キャッシュバックの金額はキャンペーンの内容や申し込み時期によって、異なるのは多くの人が理解していることだと思います。
しかし、そのなかでも、一定のキャンペーンや一定のキャッシュバックというのは存在しますよね。
「楽天ひかりだって、一万五千円のキャッシュバックがあるからお得じゃん」と思う人もいると思います。
そう、それは他社を知らないから言えること…

・NURO光…三万五千円
・SoftBank光…三万五千円
・docomo光…二万円
・au光…五万円

なんと他の光は上記のようにキャッシュバックが少なからず、楽天ひかりよりも五千円以上高いのです。
一番キャッシュバックの高いau光では、三万五千円も差額が出てしまいます。
これを見たら、キャッシュバック狙いで楽天ひかりを選んだ人は大損をしたと思いますよね。
どこの会社がいいとか、こだわっているわけではない…
あるいは、キャッシュバック狙いで楽天ひかりを選んだという人は、大損にならないように、キャンペーンなどを他社と比べた方がいいかもしれませんね。

工事不要のはずが、まさかの工事費用請求

すでにフレッツ光などの光関連の回線を使っている人は、「初回工事費は必要ありません」と言われたのではありませんか?
工事不要だとネットで載っているサイトもありますし、工事不要というのは本当にラッキーだと思いますよね。
しかし、工事費は必要ないと思っていたら、まさかの工事費が請求されてしまった…というパターンが存在します。
まったくないと思っていたものが少しでも料金が発生すると、それこそ大損というもの以外のなにものでもないですよね。

あくまで、光グループの工事が終わっていれば、初期費用の戸建てタイプの一万八千円、あるいはマンションタイプの一万五千円は必要ありません。
しかし、無派遣工事費用として二千円は請求されます。

また、回線の工事とは別で初期登録費用として八百円は必要ですし、休日や夜間の工事になるとプラスそれに追加料金も加算されてしまいます。
結果工事費用が不要と言われていても二千八百円は請求される形になってしまうので、まったく費用がかからないとは考えないほうがいいかもしれませんね。

使用中に感じてしまうデメリット

「知っていたら契約しなかったかも…」なんて思ってしまう、使っている内にわかってくるデメリットについて、次は紹介していきます。

Wi-Fiルーターのレンタルには月額料金が必要となってしまう

Wi-Fiルーターを自分で持っていない人は、ルーターをレンタルしたいと思う人もいますよね。

・docomo光…無料
・au光…特典次第になってしまうが、無料

このように光グループは基本的にはルーターのレンタル料は無料となっているわけです。
それであれば、もちろん、楽天ひかりだって、ルーターは無料でレンタルできると思いますよね。
しかし、残念なことに…
月額300円ルーターのレンタル料が発生してしまうのです。
これは年間にすると3600円になってしまうわけです…
もちろん、年間にした場合であっても、ルーターを購入するよりはレンタルの方が安くなります。
でも、先々楽天ひかりを契約し、ルーターをレンタルし続けるのであれば、購入した方がいいのではないだろうか?と迷いますよね。
また、楽天ひかりの代理店で契約をおこなった場合、無線ルーターがもらえる特典もあったりしますが、その場合はキャッシュバックの料金が下がってしまうようです…
これは、他の光グループが無料で借りられるのを知れば、良い気持ちはしませんよね。

ひかりという割りには速度が遅く感じる

ひかりと言われている位ですから、それなりの速度を期待して契約しますよね。
それに、何よりも速度というのは、重要な点になるので、ここを重視して契約しない人は少ないはずです。
しかし、楽天ひかりはIPv6に光グループのなかでも唯一対応しておらず…
平均速度は89.18Mbpsとなってしまいます。
これは、光グループのなかでも一番遅い速度となり、次に遅い速度よりも約40Mbpsも遅くなってしまいます。
これでは、速度に対してストレスも感じてしまいますし、楽天ひかりに変えて速度が遅くなったというトラブルにもなってしまいますよね。

サポートの対応が残念ながら悪く感じてしまう

口コミで多く見られるのが、サポートの対応が悪いということです。
例えばサポートサービスに電話をした場合、長い時間待たされますよね。
それなのに、対応がわるければ…
更に不快感は増す。
そんな会社には契約もしたくないし、電話もしたくなくなるのは当たり前のことなのではないでしょうか?
サポートの対応が悪いというのは絶大なるデメリットですよね。

解約時に感じるデメリット

格安SIM関連の光は、契約期間がなかったり、大手携帯会社の契約期間は二年だったりと契約期間が定まっていますが…
なんと、楽天ひかりの契約期間は三年とどこの会社よりも長いです。
しかも、契約期間内に解約をしてしまうと、九千五百円の違約金が発生してしまいます。
これは、格安SIM関連の光を使っていた人にとっては大きなデメリットになりますよね。
そして、驚くべきことはこれだけではありません。
契約期間を過ぎれば、大体二ヶ月から三ヶ月は違約金がいらずに解約できたり、契約期間終了後はいつでも解約時に違約金は発生しなくなったりするものですが…
なんと、楽天ひかりの場合、この違約金が発生しないのはたったの一ヶ月だけです。
その一ヶ月を過ぎれば、また一からスタートとなり三年間は契約期間となってしまいます。
これは、ずっとは楽天ひかりを使わないつもりの人だったり、解約を余儀なくされる人にとっても、そしてサービス的にも不親切と言えるのではないでしょうか?
初めからいろいろな都合上で解約しなければならないかもしれない人は、楽天ひかりを契約するかは重々検討してから契約した方がいいかもしれませんね。

楽天ひかりのメリットってなんだろう?7つの素敵なメリット紹介

ここでは、ユーザーに喜ばれる楽天ひかりのメリットについて紹介していきます。

契約時に嬉しいメリット

契約するときに知っていたら、さらにお得だったのに!なんて思わないように、契約時に知っておくと嬉しいメリットについてまずは紹介します。

工事不要で乗り換え完了

どの光を使ったとしても、初めは工事をしなければならないと感じますよね。
自宅に光を繋ぐにあたって、楽天ひかりが初めてであれば、工事も抵抗なく受け入れられると思いますが、今までフレッツ光を使ったり、他の光を使っていた人はどうでしょうか?
正直、前もフレッツ光を使う為に工事を行ったのに、また工事を行うのは嫌だなと感じませんか?
でも、楽天ひかりなら安心です。
もし、フレッツ光を使っていて、楽天ひかりにするのであれば、工事は不要となります。
これはなぜかというと、NTT東日本やNITT西日本が所有している光回線の一部になるからです。
つまり、ひかりという言葉が付いているものであれば、所有している会社は各会社で異なるけれど、同じ光グループで回線を使っていると考えて貰えばいいのです。
逆を言えば、フレッツ光でなくても、ドコモ光でもSoftbank光でもビッグローブ光でも、光がついているので、同じ光グループなので、工事不要で楽天ひかりに乗り換えることができますよ。

キャッシュバックがもらえる可能性大

契約することによって、キャッシュバックが貰えるなんて嬉しいですよね。
でも、キャッシュバックを貰うには、面倒な申請が必要だったり、一度余分なものに加入しなければならないというイメージありませんか?
正直、それが面倒でキャッシュバックを受けるのを止めたという人もいるのではないでしょうか?
しかし、楽天ひかりなら、キャッシュバックを受け取るのに、面倒な申請や手続きは一切いりません。
契約2ヵ月後には、確実に自動的でキャッシュバックを受け取ることができるのです。
面倒な申請や手続きがいらないということは…もちろん、不必要なオプションに加入する必要もありません。
キャッシュバックの内容としては、現金でキャッシュバックがきたりルーターが貰えたりしますよ。
しかもその現金は最大15000円。
ルーターが欲しいという人は、現金が12000円とルーターが貰えるので、このキャッシュバックはかなり大きいですよね。

設定サポートはなんと、初回無料

初めて楽天ひかりをつなぐのですから、設定でわからないところが出てきてもおかしくありません。
しかし、その設定でわからない部分を質問したり、設定に業者にきてもらうとなると、料金が発生してしまいますよね…
料金が発生してまで、人に聞くか…
それともネットで検索して、一人で七転八倒するか…
迷うところだと思いますが、楽天ひかりであれば、設定サポートがなんと初回無料なんです。
これは嬉しいですよね。
でも、初回無料なのは、開通してから60日以内。
つまり、61日目からは、初回の質問だったとしても、1回につき2000円の料金が発生してしまいます。
また、2回目以降は1回の質問につき2000円かかってしまうので注意が必要ですよ。
せっかくだったら、この嬉しいサービスを使わない手はないですよね。
サポートの面でわからないところをピックアップしておき、1回目の質問で一気に聞いてしまいましょう。
しかも電話対応は年中無休なので、平日はお仕事で電話できない人も、安心して利用することができますよ。

春の新生活応援キャンペーンで春はさらにお得

今、楽天ひかりに申し込むと更にお得なのが…春の新生活応援キャンペーンです。

・12ヶ月間は基本料が2000円引き
・新規申し込みで楽天ポイントを15000ポイントプレゼント

なんとも嬉しい上記2つのポイントが付くのです。
この特典が付くのは、2020年2月26日(水)から2020年5月12日(火)8:59までです。
もし、楽天ひかりにしようかどうか迷っている人がいれば、この機会に楽天ひかりにしない手はないのではないでしょうか?
このキャンペーンは今から契約する人にとっては、大きなメリットになるはずですよ。
ぜひ、この機会を逃さないようにしましょう。

使えば使うだけ嬉しいメリット

使い続ければ、使い続けるだけ、楽天ひかりで良かったと思える3つのメリットを次は紹介していきます。

毎月ポイントが貯まる

誰しも楽天で一度は買い物をしたことがあるのではないでしょうか?
楽天はポイントも貯まるし、そのポイントでお買い物もできますよね。
この、楽天ひかりも、毎月楽天ポイントが貯まっていくのです。
これは、楽天でお買い物をする人も、今までしなかた人にとってもメリットになります。
楽天ひかりは、毎月200ポイントずつが貯まります。
例えば大手携帯会社であれば、月々の料金に合わせたポイントが支払われますよね。
しかし、楽天ひかりであれば一律毎月200ポイント貰うことができるので、とってもお得です。
年間で2400ポイントが貯まるわけですから、楽天ポイントは1ポイントにつき1円で買い物をすることができるので、年間2400円分は少なからず買い物ができるということになります。
つまり、今まで楽天でお買い物をしたことがなかった人も、自分の好きな物が2400円分は無料で買えちゃうのですよ。
これ、めちゃめちゃ嬉しいですよね。

料金が他の会社よりも安い

ひかりには、ファミリータイプとマンションタイプの2種類が存在します。
まずはファミリータイプについて、他の会社と比較してみましょう。

・楽天ひかり…4800円
・ビッグローブ光…4980円
・ドコモ光…5200円
・Softbank光…5200円
・U-NEXT光…4980円

ここではよく耳にする5社と比較してみましたが…
なんと、楽天ひかりが一番安いではありませんか。
一番高いドコモ光とSoftbank光と比べると400円も楽天ひかりの方が安くなります。
これは、年間にすると4800円、つまり1ヶ月分の料金がお得になるということです。

では、マンションタイプになるとどうでしょうか?

・楽天ひかり…3800円
・ビッグローブ光…3980円
・ドコモ光…4000円
・Softbank光…3800円
・U-NEXT光…3910円

マンションタイプになった場合でも、Softbank光と同様の金額となり、5社で比べると一番安くなります。
決して安くない金額だからこそ、どこよりも料金が安いのは大きなメリットになりますよね。

プロバイダ代も月額料金に含まれる

インターネット回線は、ただ、接続をすれば使えるようになるという訳ではありません。
プロバイダに接続事業者にネットの回線を接続できるようにしてもらい、初めてインターネットは使えるようになります。
このプロバイダは初回だけ料金がかかるのではないだろうかと、思われるかもしれませんが、残念ながら毎月料金を支払わなければなりません。
フレッツ光などで契約している人は月々の使用料金と別でプロバイダ代も支払っています。
これは、いくら月々の使用料金が安くなったとしても、それにプロバイダ代も払わなければならなくなると、どうしても、月々の料金は上がってしまいますよね。

でも、楽天ひかりなら安心です。

楽天ひかりであれば、月々の使用料金にプロバイダ代も含まれています。
つまり、月々の使用料金以上に支払う必要はないということです。
これは、フレッツ光や他の会社から乗り換えてきた場合は、絶対にお得と感じますし、料金も安くなるのでとっても嬉しいメリットですよね。