【2020年版】楽天モバイルでタブレットは利用できる?販売されているタブレットは?気になる疑問を全て解決!

タブレットを持ちたいが、大手携帯会社でタブレットを持つには料金が高い…
それならば、格安simでタブレットを持つことはできるのでしょうか?
ここでは、楽天モバイルでタブレットが使えるのか、気になる疑問について考えていきます。

楽天モバイルでタブレットは使えるの?

楽天モバイルでタブレットを持ちたい…
でも、楽天モバイルでもタブレットは契約できるのだろうか?
正解は、使えます。
ここでは、楽天モバイルにどんなタブレットの種類があるのかなどについて見てみましょう。

現在使っているタブレットってそのまま使えるの?

格安simの大きなメリットとも言えますが、大手携帯会社で購入したタブレットを楽天モバイルでもそのまま使うことができます。
しかし、どのタブレットでも使えるわけではないので、注意が必要です。
それは、iPadの場合です。
iPadには、Wi-Fiモデルとセルラーモデルが存在します
セルラーモデルであれば特別問題はないのですが、Wi-Fiモデルの場合は注意が必要です。
Wi-Fiモデルであると、驚くことにsimカードを挿入する場所がない端末があります。
この場合はsimカードを挿入しなければ、楽天モバイルでは使用ができなくなるので、残念ながら現在使っている端末を使うことはできません。
もちろん、Wi-Fiモデルの中でもsimカードを挿入する場所がある端末もあるので、大切なのは、simカードを挿入できるかどうかになります。
現在使っているタブレットを、そのまま使いたいと感じる場合は、simカードを挿入する部分があるのか、確実にチェックをしておくようにしてくださいね。

楽天モバイルで販売されているタブレット紹介と購入方法

楽天モバイルが独自で販売しているタブレットは以下の3つになります。

・HUAWEI MediaPad M3 Lite
・HUAWEI MediaPad M3 Lite10
・MediaPad 17.0LTE

HUAWEI MediaPad M3 Liteは、ストレージは32GBの一括払いで32184円で購入することができます。
バッテリーが大容量なのが特徴なので、外で楽しみたい人にとっては、嬉しい商品となるでしょう。

HUAWEI MediaPad M3 Lite10もストレージは32GBですが、HUAWEI MediaPad M3 Liteよりも少しお高めで、一括払いは38664円になります。
10,1インチという大きさで、大きな画面で楽しみたいという人にオススメできる商品です。

最後に、MediaPad 17.0LTEですが、これはストレージが少し小さめの8GBではありますが、一括払いの料金も安く11858円で購入することができます。
全体的にコンパクトな商品になっているので、持ち運びにはとても便利になります。

どの商品も楽天モバイルの契約時に購入することもできますし、ネットでの販売もおこなっているので、簡単に購入することができます。

注意
ただ、楽天モバイルで販売されているタブレットは種類が少なく販売台数も少ないです。

なので、興味がある人は、楽天モバイルの公式サイトで確認してみて下さい。

ちなみに、HUAWEI MediaPad M3 Lite、HUAWEI MediaPad M3 Lite10は2020年1月12日から一部の店舗で取り扱いが始まりました。

楽天モバイルでタブレットを使うメリット

今までタブレットを持っていなかった人は、タブレットを持つメリットが分からないとなかなか購入に踏み出せないですよね。
タブレットを使うメリットってどんなものがあるのでしょうか?

大画面での臨場感

スマートフォンでゲームをする人は、もっと大きな画面でゲームをできたら、どれだけ嬉しいだろう…
あぁ…もっと大きな画面だったら勝てたのに、なんて思ったこと、誰しも一度はあるのではないでしょうか?
それが、タブレットであれば叶うのです。
スマートフォンとは比べものにならない程の、大画面で、臨場感溢れるゲームをすることができます。
テレビに接続すれば、テレビと自分の距離ができますが、タブレットであれば、手の中で大きな画面でゲームをしたり映画を見ることができるのです。
もっと大きな画面でゲームをしたい。
映画などを見たいという人には、嬉しい臨場感が得られるはずですよ。

パソコン変わりにだってできる

あなたは知っていますか?
タブレットにキーボードが取り付けられるということを。
ビックリした人も多いのではないでしょうか?
持ち運び式のキーボードがあれば、タブレットは簡単にキーボードと接続することができます。
つまり、ノートパソコンがなかったとしても、キーボードさえあれば、タブレットがパソコンに早変わりなのです。
パソコンを買おうかタブレットを買おうか迷っている人は、月々の料金も低価格で持つことのできる、楽天モバイルのタブレットがお得になると思いませんか?

スマートフォンとの2台持ちで更なる充実を

タブレットはタブレットだけではなく、スマートフォントの2台持ちをする人が多いです。
2台持ちをすると、どんなことができるようになるのでしょうか?

・動画を見ながら、他の作業ができる
・ゲームを付けっぱなしで他の作業ができる

上記のように今までは、ひとつしかできなかったものが、2つ同時にできるようになるのです。
動画を見ているときには、LINEができなかったので、モヤモヤしていたという気持ちがこれで解消できますね。

他とは違う、圧倒的な価格の安さ

大手携帯会社でタブレットを契約しようと思うと最低でも2700円程度かかってしまいます。
しかし、楽天モバイルで最安のタブレットプランを選べば、月々525円で使用できるようになるのです。
つまり、大手携帯会社よりも2000円以上お得にタブレットを持つことができます。
タブレットというものはあくまで、サブ的な要素になるので、料金が下がれば下がるだけ嬉しいですよね。
大手携帯会社には実現できない、圧倒的な安さが楽天モバイルの大きなメリットでもあります。

楽天モバイルの料金体制について

大手携帯会社よりも圧倒的な安さと言われている、楽天モバイルのタブレットですが、実際どれ位安くなるのでしょうか?
ユーザーが一番気になるであろう、料金体制について詳しく見てみましょう。

月々のタブレット料金について

楽天モバイルでタブレットを使う場合、料金プランは以下の6つの中から選ぶことになります。

・ベーシックプラン…645円
・3.1GBプラン…1020円
・5GBプラン…1570円
・10GBプラン…2380円
・20GBプラン…4170円
・30GBプラン…5520円

最安645円でタブレットが持てるなんてビックリですよね。
しかも、これはSMS有りの料金になるので、これがSMSなしの料金になれば、さらに安くなります。

・ベーシックプラン…525円
・3.1GBプラン…900円
・5GBプラン…1450円
・10GBプラン…2260円
・20GBプラン…4050円
・30GBプラン…5450円

SMS有り、なしでは大して金額は変わらないように感じますが、ベーシックプランは信じられない程の安さになります。
しかし、このベーシックプランにはひとつ、落とし穴が…
初めから低速状態での利用しかできないようになっているのです。
つまり、どれだけ使っても、低速状態なので速度は一緒ですが、Wi-Fiのない環境であれば、アプリのダウンロードといった高速通信でなければ困難な物はできないことになります。

ただし、シェアパックを使っており、シャアパックで他の人が他のプランで高速通信を使用していた場合、それが繰り越されたら、繰り越された分は高速通信で使うことができます。
シェアパックをしていればベーシックプランで十分お得なように感じるかもしれませんが、どこまでが高速通信で、どこからが低速通信なのか分からない状態になるので、Wi-Fi環境が整っていたとしても、3.1GBプランがベターと言えるかもしれませんね。

セット販売でオトクにスマートフォンとの2台持ち

スマートフォンも楽天モバイルを使っている場合、さらにタブレットをお得に持つことができます。

・2回線になるので事務手数料が無料になる
・2回線目になるため、月額料金が3ヶ月間無料になる
・タブレットを新規で購入した場合、端末に対しての割引が適応される

楽天モバイルのスマートフォンと、タブレットを2台で持つと、シェアプランも使えるようになるので、他のスマートフォンの会社とタブレットを持つのではさらにお得度が変わります。
もし、楽天モバイルのタブレットを新規で購入するのであれば、一緒にスマートフォンも楽天モバイルに変えてみてはどうでしょうか?
もしかすると、料金プランによれば、今までのスマートフォンの月々の料金分だけで、スマートフォンもタブレットも持つことができるかもしれませんよ。