Tinderの登録方法について!身バレを防ぎたい人は電話番号で登録しよう!

Tinderの登録方法は以下の2つがあります。

Tinder登録方法
  • Facebook認証による登録
  • 電話番号を使った登録

Tinderを初めて利用する方からすると、どちらで登録するかほうがいいのか悩んでしまいますよね。

「Facebook認証を利用すれば、Facebookの友達にバレてしまうリスク」

「電話番号によるSMSを利用すれば、電話番号を知っている友達にバレてしまうリスク」

が考えられますし・・・・。

結論から言ってしまうと「電話番号を使った登録」の方が、身バレリスクがほぼほぼゼロになりますのでおすすめ。

学校・仕事場の仲間に身バレたくない人は、電話番号で登録するようにします。

電話番号でも不安だなって人は、格安SIMを契約し新しい電話番号をゲットして、電話番号登録でTinderを利用する完璧ですね。

もちろん、どちらの登録方法もメリット、デメリットがあります。

今回は、Tinderの登録方法から、身バレを防ぐ方法などについて解説していきます。

Tinderを楽しく安全に利用したい方は、是非参考にしてみて下さい。

Tinder、電話番号で登録するメリット

身バレリスクがグッと低くなる

Facebook使ってTinderに登録してしまうと、Facebookに登録している情報がTinderにも反映されてしまいます。

例えば、学校情報、仕事場などです。Facebookの情報をTinderのプロフィールに置き換えるので、入力する手間をはぶいけますが、知人が見ればバレバレですよね。

Facebookの情報だけで、グッと身バレリスクが高くなりますよね。

また、Facebookの登録情報が反映されるだけじゃなく、Tinderのアプリ内で「知り合いかも」でFacebook友達がTinderのアプリ内で表示されることがあります。

共通の知り合いなどの機能をOFFにしたらバレないんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、TinderにはOFFにできる機能はありません。

こう言ったことから、Tinderは、電話番号で登録する方法をおすすめします。

また、Tinderのような安全性のあるアプリは電話番号が外部に漏れてしまうなんてことは100%ではありませんが、ハッキングされない限りほぼないでしょう。

ですので、電話番号のみでの登録をすると、情報が電話番号しかありませんの身バレしにくくなります。

Tinderのプロフィール情報を変更しやすくなる!

FacebookでTinderに登録してしまうと、Tinder上のプロフィールの編集が面倒になってしまいます。

なぜなら、Facebookのプロフィール情報を変更しないといけないからです。

電話番号のTinder登録だと、プロフィールを簡単に変更することができます。

プロフィール少しずつ訂正していくので、簡単にプロフィールを書き換えられたら楽ですよね。

電話番号でTinderを登録する際の注意点やデメリットはあるの?

Tinderで登録している名前が変更できない!

電話番号でのTinder登録の場合、Tinder上の名前を変更できないようになっています。

もし、Tinder上の名前を変更したい場合は、アカウントを削除してから最初から作り直す必要があります。

アカウントを削除してしまうと、今までのメッセージ内容などが消えてしまいます。

FacebookからのTinder登録だとFacebook情報を変更することでTinder上の名前を変更することができます。

電話番号が変わってしまうと、アカウントの引き継ぎができなくなってしまう

電話番号が変わり、端末も新しくしてしまうと、アカウントを利用することができなくなります。

ですので、電話番号と端末の電話番号が変わる際には注意しましょう。

Facebookでの共通の知り合いと知り合えない!

Facebookを利用してTinderに登録すると、Facebook上での知り合いが表示されると身バレのリスクが高くなるデメリットがありますが、

逆に、Facebook上の共通の知り合いとマッチングできなくなるデメリットがあります。

共通の知り合いの方が安心して繋がれるという人からすると電話番号登録はデメリットかもしれませんね。

電話番号でTinderに登録しても番号を知っている人にバレることはない!?

Instagramを利用していると、Facebook上の知り合いが表示されたりすることがありますよね。

ですので、電話番号でTinderを登録すると「電話番号を知っている友達にバレてしまうリスク」が考えられますが、安心して下さい。

電話番号を知っている友人にTinderをしていることはバレません。

Tinderでは、端末にあるアドレス帳を勝手に読み込む機能はありませんし、電話番号を共有することもありません。

確実に絶対にバレるリスクを減らしたいという人は、サブの電話番号でスマホで登録することをおすすめします。

電話番号での登録の手順

  • STEP.1
    アプリのインストール

    まずはTinderの公式アプリケーションをインストールしましょう。

  • STEP.2
    「アカウントを作成する」をタップ

    「アカウントを作成する」をタップします。

  • STEP.3
    電話番号の入力

    電話番号で登録しますので、電話番号を入力します。

    電話番号を入力する前に【JP +81】になっているか確認しましょう。

    初期設定のままだとアメリカUSになっていることがあります。

    電話番号を入力して進めると、入力した電話番号に確認コードが送られてくるので、送られてきたコードを入力しましょう。

  • STEP.4
    送られてきた認証コードの入力

    SMSで送られてきた認証コードの入力します。

  • STEP.5
    メールアドレスの入力

    メールアドレスを入力します。

    メールアドレスに確認URLが送られますので、タップしてメール認証を済ませましょう。

  • STEP.6
    スキップをタップする

    「APPLEでログインする」「FACEBOOKでログインする」と表示されますが、スキップをタップします。

  • STEP.7
    同意するをタップ

    同意するをタップします。

  • STEP.8
    誕生日、名前などの入力を済ませる!

    ネームや、生年月日、学歴、興味などを入力して登録を完了させます。

    気になるのが、生年月日、誕生日になります。

    年齢確認のあるTinderですが、正確な情報を入力するのを悩みます。

    今現在(2020年/10月16日)では、生年月日を適当に入力し、本人確認書類と異なっても大丈夫となっています。

    ですが、もっと制限が厳しくなってくると、入力している情報と、本人確認書類が同じじゃないと、アカウント停止などが考えられますので、できるだけ、正確な情報は入力しましょう。

    また、先ほど説明したように、電話番号で登録すると名前の変更ができなくなります。

    ですので、本名で利用するのはやめておきましょう。

    プロフィールの画像ですが、最低でも1枚は必要になっています。

    プロフィールの設定完了後でも変更できるので、とりあえず何か設定しておくといいですね。

  • STEP.9
    Tinderのアクセス権限の許可を済ませる

    Tinderで画像のUPする際には、画像へのアクセス権が必要になっています。

    後、近場のユーザーを表示させるために、位置情報を求められます。

    ですので、アクセス権の許可を済ませておきましょう

記事まとめ

今回は、Tinderの登録方法などについて解説していきました。

電話番号を使ってTinderに登録すると、身バレする可能性がグッと下がります。

ただ、100パーセント身バレしないわけではありません。

たまたま、マッチングした相手が知り合いだった場合はバレますよね。

また、自分がマッチングしたいエリアを知人も、設定しているバレてしまいます。