TONEモバイルの評判/口コミは最悪?実際に使ってみた感想を交えてまとめてみた!詳細が気になっている人は必見!

最近では、トーンモバイル(TONEモバイル)のテレビCM・インターネット広告を多く目にするようになりました。

テレビCMでは、「坂口健太郎」さんを起用しTONEモバイルを使ってプロポーズをするシチュエーションのCMが話題を呼んでいます。YouTubeでのトーンモバイル(TONEモバイル)関連の動画の総再生数は1千万回を超えています。


このプロポーズで成功するのは、坂口健太郎さんだけです…。

CM・広告の効果で、トーンモバイル(TONEモバイル)の知名度も上がり、トーンモバイル(TONEモバイル)のユーザー数は増加に成功しました。

ですが、テレビCMやインターネット広告では「月額1,000円でギガ不安なし(インターネット使い放題)のスマホです!」などと魅力的な謳い文句で発信されていたせいで、

小さい文字の「※〜」の注意事項を見逃して契約してしまった人は痛い目にあってしまいました。

トーンモバイル(TONEモバイル)に限らず、ある程度、調べ考えて契約する必要があります。

なので、今回はTONEモバイルの評判や口コミ、実際に使ってみた結果・感想などを説明していきたいと思います。

TONEモバイルを契約する前に詳細や注意点が気になっている人は必見です。

そもそも、自分はTONEモバイルに向いているのか気になっている人はいると思うので、以下の人はTONEモバイルを契約しないようにしましょう。

TONEモバイルが向いていない人
  • 高速通信を求めている
  • コロコロ携帯会社を変えている(2年の最低利用期間がある)

逆に、どんな人がTONEモバイルを契約したらいいの!?

TONEモバイルが向いている人
  • 小・中・高学生やシニア
  • 自宅にwi-fiがあり外出先でスマホをいじらない
  • ポケットwi-fiの契約を考えている
  • 無制限のパケットを利用したい
  • サブのスマホで考えている

小学生や中学生、高校生やシニアでスマートフォンを使う分には、大手キャリアのような回線スピードを求める保護者は少ないですよね。

できるだけ安く、必要最低限の操作ができ、安全目的でスマートフォンを持たせたい保護者がほとんどです。

トーンモバイル(TONEモバイル)は、戦略的に他の格安SIM事業者と比べ、ジュニア層/シニア層で求められるサービスを充実させ回線を提供しています。

また、トーンモバイル(TONEモバイル)格安SIMですので、大手キャリアよりグッと維持費は安くなります。

目次

評判・口コミの前にTONEモバイルの必要な予備知識や詳細について!

トーンモバイル(TONEモバイル)について何にも知らない人もいると思うので、トーンモバイル(TONEモバイル)の詳細について説明していきます。

トーンモバイル(TONEモバイル)を契約する上で必要最低限の基礎知識なので、ある程度はインプットしておきましょう。

TONEモバイルで購入できるのはTONE端末のみ!端末購入するとAPN設定などの初期設定は不要に!

トーンモバイル(TONEモバイル)も他社と同じように端末のセット購入ができるので、トーンモバイル(TONEモバイル)を契約する際に、新しくスマートフォンを購入したいと考えている人は大勢いるでしょう。

ですが、トーンモバイル(TONEモバイル)でセット購入できる端末はiPhoneやGalaxy、HUAWEIなどといった人気の端末はでなく、「TONEe19」のみとなっています。

「TONEe19」と言う端末は、トーンモバイル(TONEモバイル)が独自に開発・販売している端末となります。

特徴としては、トーンモバイル(TONEモバイル)のサービスを最大限に活かせる端末となっており、安心して子供にスマートフォンを持たせれるようになっています。

また、トーンモバイル(TONEモバイル)で端末と一緒にセット購入すれば、APNなどの初期設定をしなくて済みます。スマートフォンの初期設定ができるか不安な方は、セット購入がオススメです。

TONE端末「TONEe19」の価格は19,800円で、一括購入、24回払いの分割購入ができるようになっています。24回払いにすると毎月約800円程度の支払いになります。

TONE専用端末「TONEe19」が欲しければ、トーンモバイル(TONEモバイル)を契約する際にセット購入で申し込みましょう。

TONEモバイルの料金プランについて!本当に毎月1,000円で利用できるのか?

格安SIMを契約する上で、重要になってくるのが毎月の利用料金ですよね。

特に、毎月の料金重視の人は、本当に「月額1,000円でギガ不安なし」のスマホが実現できるのか気になっているところでしょう。

結論から言うと「月額1,000円でギガ不安なしのスマホ」と言うのは事実で、トーンモバイル(TONEモバイル)であれば、毎月1,000円でインターネット使いたい放題が実現可能です。

ですが・・・・・。これには、注意点と落とし穴があります。

1,000円を実現させるためには…
  • TONE端末とセット購入する
  • 050のIP電話を利用する
  • その他のオプションを追加しない

注意点については後ほど説明するとして、この3つの条件をクリアすることができれば、毎月1,000円で利用可能です。

わからないことがあると思いますが、焦らずゆっくり進めていきましょう。

TONEモバイルの料金プランは大きく分けて2つ!端末セット購入とSIMのみの契約!

トーンモバイル(TONEモバイル)の料金プランは大きく分けて2つあります。

大きく分けてプランは2つ!
  • TONE端末+SIMカードのセット契約(月額1,000円から)
  • SIMカードのみの契約(月額1,500円から)

TONE端末+SIMカードのセット契約(月額1,000円から)について!

「TONE端末+SIMカードのセット契約」のプランでは、月額1,000円から使えるようになっています。

ですが、月額1,000円と言うのは、基本料金のみの料金となっているので、端末代金の金額は含まれてないません。

トーンモバイル(TONEモバイル)でセット契約にすると、基本料金(1,000円から)+端末代金と覚えておきましょう。

TONE端末代金は19,800円なので24回払いにすると800円程度になります。つまり、2年間は1,800円から使えるということになります。

一括で支払ってしまえば月額1,000円でスマートフォンを使えます。

SIMカードのみの契約(月額1,500円から)

2つ目の「SIMカードのみの契約」プランでは、1つ目と比べて基本料金は500円割高になってしまいますが、持ち込みの端末を利用することができます。

050のIP電話を利用すると料金を抑えられる!

大手キャリアを契約していた人は、090/080/070の電話番号を使っていたと思います。

トーンモバイル(TONEモバイル)では、「090/080/070の電話番号」を利用するか「050の電話番号」を選択できるようになり、「050の電話番号」を選択すると月額の料金が抑えられます。

もし「050の電話番号」を選択すれば月額950円安くトーンモバイル(TONEモバイル)を利用することができます。

もちろん050の電話番号でも090や080、070の電話番号にも発信、着信することができます。

追加オプションは月額100円のSMSだけはつけておくといい!

トーンモバイル(TONEモバイル)ではSMS機能を月額100円で追加することができます。

SMSとは、ShortMessageServiceの略で電話番号でのメールができると覚えておくと理解しやすいです。

なぜ、このSMS機能を付けておくといいのかと言うと、ラインなどのSNSの認証では050の番号が利用できなかったりするからです。

今ではどのサービスでもSMS認証が必須になりつつあるので追加しておきましょう。

MEMO
追加オプションのSMSはSMSでしか使えないので、

・通話は050の番号を利用
・SMS用の090/080/070を使う

と言うことになります。

ここまでのトーンモバイルの料金のまとめ!

  • 2つのプランがある!
  • 050の電話番号を利用すると安くなる!
  • SMSの追加オプションはあるといい!

月額1,000円を実現させることは可能なのですが、実際のところは厳しいってのが現状です。

新しい端末が欲しい人は、「TONE端末とSIMカード」「050の電話番号利用」「SMS追加オプション」で月額1,900円(端末代金を含む)で利用可能になります。端末代金を一括で支払えば1,100円で利用可能です。

持ち込みの端末を利用する人は「SIMカードのみ」「050の電話番号利用」「SMS追加オプション」で月額1,600円で利用可能となります。

これが携帯電話としての機能を果たしたいと思っているなら、これだけの月額料金が必要と覚えておきましょう。

TONEモバイルでの実際にあった口コミ、評判、評価!今では随分改善されている!?

「月額1,000円でギガ不安なしのスマホです!」などという謳い文句につられて契約してしまった人もいるので、トーンモバイル(TONEモバイル)の口コミや評判はそんなに良くはありません。

まぁ、これはTONEモバイルに限った事ではなく、他の格安SIMもそうです。月額料金が安いからといって乗り換えたけど思ってたのとは違う!っとなった人は大勢います。逆に、月々の料金が安くなって良かった!って人も大勢います。

私は後者の方で、この価格帯でこのサービス受けれるの?と初めて格安SIMにした時に感じました。

では、実際にトーンモバイル(TONEモバイル)を契約した人の口コミ・評判で気になるであろうことをピックアップしてみました。

  • TONE端末のバッテリー持ちが悪い…
  • インターネットの通信速度が遅い…
  • IP電話(050)の音質が悪い…

などの気になる口コミ・評判、評価がありました。

今では改善しているのもあるので、それぞれを見ていきましょう。

TONE端末のバッテリー持ちが悪い…の口コミ、評判、評価について!

TONE端末のTONEm14やTONEm15はかなりバッテリーの持ちが悪く口コミや評判はイマイチでした。

昔のAndroidを使っていた人は、なんとなくわかると思いますが、iPhoneと比べると使っていくたびにどんどんバッテリーの減りが早くなっていきます。

しかし、他のAndroid端末でも言えることなんですが、昔の端末に比べバッテリーの持ちが改善されています。

トーンモバイル(TONEモバイル)の今販売されている「TONEe19」は、4000mAhの大容量のバッテリーを搭載しています。昔のTONE端末と比べても段違いに良くなっています。

一日、外で使っても十分なくらいの大容量のバッテリーです。テザリング機能を使っても10時間以上の稼働は可能になっています。

もし、TONE端末を使って気に食わなかった場合は、TONE端末を売却して手持ちの端末を使うのもありです。

インターネットの通信速度が遅い…の口コミ、評判、評価について!

トーンモバイル(TONEモバイル)は、パケット使いたい放題に全振りしている格安SIM業者なのでインターネット通信速度は遅いです。

トーンモバイル(TONEモバイル)の公式サイトに500kbps〜600kbpsくらいのインターネット通信速度と記載されています。

500kbps〜600kbpsでも、LINEやメールは全く問題なく使用することができます。webサイトもテキストだけのなら問題ない程度です。YouTubeだと動画の視聴になると厳しいですね。

ただ、最近では回線の増強により、500kbps〜600kbps以上のインターネット通信速度ができるようになっています。1Mbpsも地域によっては出たりしています。(1Mbps出るとYouTubeなどの動画が見れる。)

でも、インターネットの通信速度は、時間帯や住んでいる地域や天候にも左右されるので電波が入りやすいところや入りにくいところもあります。

特に、格安SIMは時間帯に左右されやすく、朝の通勤、昼休み、夕方の通勤など、みんながインターネットを使う時間帯は通信速度が低下することがあります。

それ以外の時間帯だと500kbps〜600kbps以上の速度10Mbpsを超えることもあり得ます。

後、使用する端末が古ければアプリを起動する時間もかかるので余計に遅く感じたりもします。

外出中、スマートフォンをよく使う人からすると使いづらいですが、

外出中、スマートフォンをあんまり触らないで自宅にwi-fiがあるって人は特に気にする必要はないと思います。

IP電話(050)の音質が悪い…の口コミ、評判、評価について!

IP電話とはインターネット通信を使って通話する通話方法になります。LINEで通話するのと似ています。

インターネット通信で通話するので、どうしても090/080/070に比べて音質は落ちます。

インターネット通信が安定しない場合も音質は悪くなってしまいます。

ですが、先ほども説明したようにトーンモバイル(TONEモバイル)は回線の増強により、インターネット通信は昔より安定するようになりました。

実際に自分自身も以前と比べ、IP電話(050)音質は良くなったように感じます。私自身電話をあまりしないので重要視はしていないです。

音声通話の音質を重要視する人は090/080/070を使うようにしましょう。

TONEモバイルの評価できる所や実際に使ってみて良かったと感じた所について!

トーンモバイル(TONEモバイル)の評価できる点や、実際に使用してみて良かったなと思った所について説明していこうと思います。

子供・シニア向けのサービスが充実している!

子供やシニアにスマートフォンを持たせる理由の1つとしてGPS機能が考えられます。

現在地を確認できるGPSは、今どこで何をしているのか簡単に把握・確認ができます。

他にも、トーンモバイルでは以下のことが無料で使うことができます。

その他のオススメの機能
  • 有害サイトのフィルタリング機能
  • アプリやwebのスマートフォンの時間制限
  • 有料のアプリケーションがダウンロードできないようにする機能
  • 歩きスマホできない機能

心配なのはわかりますが、あまりお子さんを縛りすぎないようにしましょう。

TONEモバイルはテザリング機能が無料で使える!

大手キャリアではテザリンング機能は有料となっていますが、

トーンモバイル(TONEモバイル)ではテザリング機能が無料で使い放題となっています。

テザリング機能が使えると、外出中にパソコンやタブレットを少しネットに繋げたいときに役に立ちます。

また、自宅にインターネット環境がない人で、パソコンやタブレットを持っている人には助かります。

通信速度はあまり期待できないですが、インターネットに繋げられる環境があるかないかでは大きな差ではないでしょうか。

また、インターネット通信制限はない使い放題なので、テザリングとの相性が抜群です。

トータルで見た時のコストパフォーマンスがいい!

大手キャリアとトーンモバイル(TONEモバイル)の料金を見比べると5,000円の差が出てくる場合もあります。

年間にすると6万円の差です。

この6万円があれば、最新機種のスマートフォンを購入することもできるし、毎月美味しいものも食べに行けますよね。

多少、サービス面で劣るといっても毎月5,000円、年間6万円節約できるのはでかいですよね。

これが、2人、3人、4人となってくるとかなり変わってくると思います。

050電話(IP電話)のかけ放題の追加オプションが500円!

トーンモバイル(TONEモバイル)ではIP電話でもかけ放題(10分間)のオプションがあります。

短い電話を何度もする人には、助かります。

しかも、月額500円なので、他社のかけ放題プランと比べても安いです。

また、トーンモバイル(TONEモバイル)同士での通話が無料になるので、家族で契約する場合には助かります。

普通に電話する場合も090/080/070の番号を使うよりぐっと安くなります。

インターネット通信のエリアがドコモと同じ!

トーンモバイル(TONEモバイル)はドコモの回線をレンタルしているので、インターネット通信の可能エリアはドコモと同じになります。

ただ、インターネット通信ができる可能エリアは同じでも、インターネット通信速度は一緒ではないので注意しましょう。

トータルで見ればTONE端末は安い!プランに迷ったらTONE端末+SIMカードのセット!

現在はトーンモバイル(TONEモバイル)で購入できる端末は「TONEe19」のみとなっています。

端末代金は19,800円となっており、分割払いにすると月額は約800円です。

そして基本料金と合わせれば1,800円からとなります。

一方、SIMカードのみの場合だと、基本料金の1,500円からとなります。

  • 端末+SIMカードのセット・・・1,800円
  • SIMカードのみ・・・1,500円

月額で見ると300円の差となります。年間にすると3,600円です。

2年間契約すると7,200円の差になります。

ですので、TONE端末を7,201円以上で売却することができれば「端末+SIMカードのセット」がお得になるのです。

新品未使用のTONE端末を売却するなら確実に1万以上で売却することができるでしょう。

ラクマやメルカリのフリマアプリを見ていると2万くらいで出品している人もいます。

TONE端末はトーンモバイル(TONEモバイル)を契約しないと手にすることができない端末なので、ある一定の需要はあると思います。

TONEモバイルのSIMカードはiPhoneやAndroid、タブレットの端末で利用可能!

TONE端末とセット購入をしTONE端末を売却や他の端末を使いたくなった場合は、iPhoneや他のAndroid端末、タブレットにTONEのSIMを挿入すれば使えます。

ただ、TONE側は端末と一緒に使う前提で回線を提供しているので、非公式となっています。

私自身、TONE端末のSIMカードを別端末に挿入して使えていますが、動作未確認なのでなのでもしかすると使えなくなってしまうことがあるかもしれません。

高速チケットを購入すれば高速通信を使える!

トーンモバイル(TONEモバイル)では高速チケットと呼ばれるものが販売されており、このチケットを購入すれば今使っている速度より速いインターネット通信が可能になります。

高速チケットを使えば3Mbpsくらいまでは最低速度が出るので、通常の約6倍近くの速度が出ます。

使いわけをすれば、効率よくストレスなく使うことができるようになります。

1GBの値段は300円となっています。大手キャリアでパケットチャージをすると1,000円くらいするので安いですね。

サポートがかなり充実している!シニアには助かる!

格安SIMのデメリットの1つである「購入者へのサポート」だと思います。

特にシニアの場合だと、インターネットで調べてみたものの解決しなかったなんてよく耳にします。

大手キャリアだと、その点、店舗も沢山あるしカスタマーサポートに電話すれば解決します。

なので、どうしても格安SIMをお勧めできなくなってしまします。

しかし、トーンモバイル(TONEモバイル)だと電話サポートやTONE端末を購入すれば遠隔リモートサポートを無料でしてくれます。

電話サポートで解決しなかった場合は、遠隔リモートサポートで解決できるのはシニア世代には助かるのではないでしょうか。

トーンモバイル(TONEモバイル)ではTONE端末しか販売していないので、マニュアルもしっかりしていることでしょう。

その他の評判や注意点はある?

ここからはトーンモバイル(TONEモバイル)の注意点を説明していきます。

TONEモバイルの最低利用期間は2年間で長い!

大手キャリアの契約は2年更新となっています。2年毎に訪れる更新月に解約しないと違約金が発生するようになっています。

格安SIMの場合だと、2年更新ではなく最低利用期間が設けられているところが多いです。

例えば1年間の最低利用期間が設けられていたら、1年以上契約しておけばいつでも解約できるということになります。

トーンモバイル(TONEモバイル)の場合は最低利用期間が設けられており、24ヶ月以上利用すれば違約金が発生しません。

もし、24ヶ月未満で解約してしまうと、9,800円の違約金が発生します。

格安SIMの中では契約できる店舗は多いがまだまだ店舗が少ない!店舗契約は現実的ではない!インターネットで申し込もう!

トーンモバイル(TONEモバイル)はTUTAYAや蔦屋、カメラのキタムラで契約できるようになっています。

ですが、全てのTUTAYAで契約できるのではなく、一部の店舗のみとなっています。

田舎になればなるほど、店舗の数が少なくなっています。

また、店舗特有のデメリットもあるので、自宅でゆっくり申し込めるweb申し込みが一番おすすめです。

TONEモバイルの評判/口コミは悪い?実際に使ってみた感想を交えてまとめてみた!トーンモバイルの詳細が気になっている人は是非! 記事まとめ

今回はTONEモバイルの評判や口コミ、実際に使ってみた結果をまとめ説明していきましたが、どうだったでしょうか。

トーンモバイル(TONEモバイル)は、主に子供・シニアをターゲットにして回線を提供しているので、子供・シニアのサービスが充実しています。TONE専用端末も高齢者でも扱えるように設計されています。

ただ、スマートフォンをがっつり使うユーザーには向いていない格安SIMかもしれません。

それでも、サブ機やテザリング専用機としてトーンモバイル(TONEモバイル)を契約する人は大勢いるので、使い方次第では十分使えるのでおすすめの格安SIMには変わりはありません。

初めて格安SIMを契約する人は、いろんな不安があると思いますが、焦らず自分のペースで契約していきましょう。

実際に店舗に行って契約するのもいいですが、メリットだけしか話さない店員さん多いので注意しましょう。