【TONEモバイル】iPhone/Androidでもテザリングは無料!?Wi-Fiルーターの代わりに格安維持も可能!

TONEモバイル・テザリング

外出中のファミレスやカフェでタブレット/パソコンを少し使いたい時に役に立つのがテザリング機能です。

「wi-fiルーターじゃダメなの?」と思われた方もいるかもしれませんが、スマートフォンをwi-fiルーターのように扱えるので荷物にならないしスマートフォンの料金で使えるので節約できます。

現在のwi-fiルーターだと、薄く軽量化されていますが持ち運ぶのを忘れてしまったりと色々と面倒です。

その分、テザリングが使えるスマートフォンだと、必需品のスマートフォンを持っていくだけなので荷物になりませんね。

つまり、持ち物がスッキリするしお財布に優しいのです。

そして、今注目されているのが「テザリング×格安SIM!」この組み合わせだと通信費用も抑えられてテザリング機能が格安で使えるようになります。

トーンモバイル(TONEモバイル)であれば、インターネット使い放題なので、この組み合わせをするなら最強なのでは?と思っている人も多いはず。

なので、今回は格安SIMトーンモバイル(TONEモバイル)のテザリングについてわかりやすく説明し行こうと思います。

トーンモバイル(TONEモバイル)を詳しく知らない人や、トーンモバイルでテザリングを利用しようと思っている人は参考にしてみて下さい。

かめさん

トーンモバイルだとiPhone/Androidでもテザリングは可能だよ!
↓TONEモバイルオススメ記事↓
TONEモバイル評判 TONEモバイルの評判/口コミは最悪?実際に使ってみた感想を交えてまとめてみた!詳細が気になっている人は必見!

目次

トーン(TONE)モバイルではテザリングは無料?手続きは必要なの?

ドコモ以外の大手キャリアであるau、ソフトバンクでは、テザリング機能を使うためには月額の料金を支払うようになっています。

ドコモ以外は有料
  • ドコモ 無料
  • au 月額500円
  • ソフトバンク 月額500円

大手キャリアではテザリングは有料になっているので、

格安SIMのトーンモバイル(TONEモバイル)ではテザリングは有料になっているのか無料になっているのか気になりますよね。

安心して下さい、トーンモバイルではテザリングは無料で使いたい放題となっています。

また、iPhone、Android端末関係なくテザリングは利用可能です。

テザリング機能が使えての月額料金となっているので、できれば使い倒したいですよね。

トーン(TONE)モバイルでテザリングを使用するために手続きは必要なのか?

トーンモバイル(TONEモバイル)でテザリング機能を利用するために、何かしらの手続きをしないといけない!などはありません。

トーンモバイル(TONEモバイル)の申し込み時にも、テザリング利用の手続きもいりません。

トーンモバイル(TONEモバイル)を契約してしまえば、テザリング機能が使えるのです。

しかし、テザリングを利用するために、少し自分で設定をすることがあります。「端末名 + テザリング方法」と調べれば使い方はすぐにわかります。

トーン(TONE)モバイルでテザリングが使える条件について!

スマートフォンのテザリング機能が使える条件は、どの携帯会社でも当てはまるのことなので覚えておきましょう。

テザリングが使える条件
  • インターネット通信ができる
  • 端末にテザリング機能がある

インターネット通信ができる

テザリングを使うためには、テザリングを利用する端末がインターネット通信ができる環境である必要があります。

なので、契約していないsimカードを挿入してもテザリングは使えないし、電波が入っていない場合もテザリングが使えないようになります。

トーンモバイルは、ドコモ回線を利用した格安SIM会社なので、インターネット通信ができるエリアはドコモと同じとなっています。

通信エリアは広いので電波には問題ないです。

端末にテザリング機能がある

当たり前ですが、端末にテザリング機能がない端末だとテザリングは使えません。

今販売されている端末はテザリング可能端末なので大丈夫ですね。

また、トーンモバイル(TONEモバイル)で販売されている端末もテザリング対応端末なので安心して下さい。

トーン(TONE)モバイルで使えるテザリング方法は3通り!

トーンモバイルで使えるテザリング方法は3種類あります。

テザリング方法は3種類!
  • wi-fiテザリング
  • USBテザリング
  • Bluetoothテザリング

この中で、皆さんが馴染みあるテザリング方法は、一番目のwi-fiテザリングでしょう。自宅や、学校、コンビニ、ファミレスなどで一度は利用したことがあるはずです。

「wi-fiテザリング」は使い方も簡単なので、これだけ覚えておけば問題ないのですが、その他の接続方法にもメリットがあるので覚えておくと損はないでしょう。

wi-fiテザリング

wi-fiテザリングは最もメジャーなテザリング方法です。

wi-fiテザリングのメリット

wi-fiテザリングの接続方法では、複数の端末をwi-fiに接続することができます。

友達が複数人いたら、どの端末でもwi-fiに接続できるようになります。ゲーム機器、タブレット、パソコンを同時にwi-fiに接続したい場合に便利です。

wi-fiテザリングのデメリット

wi-fiテザリングは誰でも接続できるような接続なので、ハッキングがされやすくなると言われています。なので、wi-fiテザリングのパスワードを複雑にしたりして対処しましょう。

テザリングのスピードはUSBテザリングの次に速いので2番目となります。

バッテリーの消費スピードは複数台接続できる分一番充電の減りが速いです。長時間利用したいなら他の接続方法で接続しましょう。

USBテザリング

USBテザリングはUSBケーブルを使ってテザリングする機器とスマートフォンを繋げてテザリングする方法です。

USBテザリングのメリット

USBテザリングのメリットは、3種類の接続方法の中で一番インターネット通信速度が速いことです。

そして、USBテザリングはパソコンに接続しているので、スマートフォンが充電されます。ただ、逆にパソコンの方は充電が減ってしまいます。

もちろん、ノートパソコンだけじゃなくデスクトップ型のパソコンでもUSBテザリングは可能となります。自宅にインターネット回線を契約していない人も、デスクトップのパソコンを利用できるようになります。

USBテザリングで接続できる端末は1台だけとなりますが、セキュリティ面では一番良いです。

USBテザリングのデメリット

USBテザリングでは、セキュリティが強くなりますが接続できる端末が1台だけとなります。

wi-fiテザリングだと複数端末のインターネット接続が可能でしたが1台のみとなっています。

また、USBテザリングは、古すぎる機器には対応していないことがあるので確認しておきましょう。

USBテザリングのメリットとして、接続しているスマートフォンは充電されますが、パソコンの方は充電が減ってしまうので注意が必要です。特にノートパソコンだと、充電がなくなってしまうと困ってしまいますよね。

後、USBケーブルが必須になってくるので面倒ですね。iPhone/AndroidのUSB充電ケーブルを持ち運んでいる人なら良いすが・・・。

Bluetoothテザリング

Bluetoothテザリングは、ワイヤレスイヤホンと同じようにBluetooth機能を使ってテザリングする方法になります。

Bluetoothテザリングのメリット

Bluetoothテザリングは、wi-fiテザリングより充電の減りが早くありません。

USBテザリングのようにワイヤレス(無線)で接続できるので、持ち物を減らしたい&充電の減りを少なくしたい人にもってこいです。

Bluetoothテザリングのデメリット

Bluetoothテザリングでは、接続できる端末が1台だけとなります。複数台接続したい場合には向いていません。

wi-fiテザリングより充電の減りが早くありませんが、USBテザリングより充電の減りが早くなっています。

通信速度は一番遅い接続となります。

古すぎる端末は対応していないこともあるので注意しておきましょう。

wi-fiテザリング/USBテザリング/Bluetoothテザリングのどれがオススメ!?

wi-fiテザリング/USBテザリング/Bluetoothテザリングのどのテザリングを使ったらいいのか悩んでいる人はいるでしょう。

それぞれの特徴をまとめたので、自分にあったテザリング方法を利用しましょう。

wi-fiテザリングは、複数の端末をテザリングする際に利用しましょう。

USBテザリングは、通信速度、バッテリー、セキュリティ面では一番良いテザリング方法なのでUSBケーブルが邪魔だと感じない人には一番オススメです。

Bluetoothテザリングはバッテリーとワイヤレス、セキュリティ面を重視する人にはオススメです。

トーン(TONE)モバイルでテザリングを使うメリットや魅力について!

ここからなぜトーンモバイル(TONEモバイル)はテザリングに適しているのかを説明していきます。

トーンモバイル(TONEモバイル)でテザリングを使う魅力・メリットを気になる方は是非。

インターネット通信制限がないのでインターネット使い放題!

トーンモバイルは、月額1,000円(iPhone版だと1,500円)でインターネットが使い放題となっています。

もちろん、wi-fiテザリングで利用するインターネット通信も使い放題となっています。

テザリングを使ったからと言って別途請求が来たりはないので安心して下さい。

トーンモバイル限定で買える端末がある!

トーンモバイル(TONEモバイル)では、トーンモバイルでしか購入できない端末が販売されています。

しかも、その端末は、wi-fiテザリングをしても10時間以上利用することが可能となっています。

他の接続方法にしたら、24時間以上テザリングが可能になります。

長時間持つバッテリーなので、テザリングと相性がいい端末となります。

また、トーンモバイルで購入できる端末は、SIMフリー端末となっているのでトーンモバイルを解約した後でも、違う携帯会社でも使える仕様となっています。

エリアがドコモと同じなので安心できる!

トーンモバイルは、ドコモ回線を使った格安SIMなので、提供エリアはドコモと同じとなります。

大手キャリアと同じ提供エリアなので安心して使うことができます。

ドコモ回線の使えるWi-FiルーターをゲットしてTONEモバイルのSIMを挿入しても使える!

トーンモバイル(TONEモバイル)は、ドコモ回線をレンタルして回線を提供しているので、ドコモのSIMが使えるWi-Fiルーターなら使えます。

ですので、中古で安く購入し、トーンモバイル(TONEモバイル)のSIMカードを挿入すれば格安でWi-Fiルーターを維持できます。

トーンモバイルでテザリングを使うデメリットや注意点について!

回線速度にはそこまで速くない!

トーンモバイルの公式サイトでは、通信速度は500kbpsから600kbpsと言われているので格安SIMの中で中速の速度になります。

TONEモバイルの評判/口コミ)でも通信速度は遅いと言われています。

ですが、最近ではトーンモバイルでは回線強化もあり500kbpsから600kbps以上の1Mbps以上が計測されていることもあります。好条件であれば10Mbps以上も可能です。

これくらいのスピードが出ていれば、外出中軽くパソコンを使う程度であれば全く問題はないでしょう。

ただ、外出中だけじゃなく自宅でもがっつり動画を視聴するとなると、ちょっと厳しいので注意しましょう。

充電の減りが早くなる

スマートフォンをwi-fiアクセスポイントとして利用するのでどうしても充電の減りが速くなります。

なので、スマートフォンの充電やパソコンの充電には気をつけましょう。

USBテザリング、Bluetoothテザリングだと充電の持ちは良くなります。

また、トーンモバイルで販売されているAndroidのスマートフォンだと充電持ちがかなり凄いので購入するといいでしょう。

テザリングのセキュリティには気をつけよう!

先ほども説明しましたが、テザリングを使うとセキュリティ問題が出てきます。

wi-fiテザリングは複数端末接続できるメリットがありますが、誰でも接続できるようになってしまうので、wi-fiテザリングで接続する際に必要になるパスワードを強固にしておきましょう。

ハッキングなど不安に思う方はUSBテザリングを利用するといいでしょう。

今回は格安SIMトーンモバイル(TONEモバイル)のテザリングについてわかりやすく説明して行きましたが、どうだったでしょうか。

トーンモバイル(TONEモバイル)はてテザリングは手続きなしで無料で使うことができます。

大手キャリアのau、ソフトバンクでは有料のなっているので嬉しいですよね。

トーンモバイル(TONEモバイル)ではテザリング接続方法は3種類となっています。

テザリング3種類!
  • wi-fiテザリング
  • USBテザリング
  • Bluetoothテザリング

トーンモバイル(TONEモバイル)でテザリングを使うメリットは沢山ありますが、デメリット/注意点もあるので覚えておきましょう。

デメリット/注意点
  • 回線速度は期待しない
  • 充電の減りが速くなる
  • セキュリティ