【急いで!!】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

【100均】USB Type-C(タイプC)イヤホン変換!DAC内蔵がダイソーから登場!

ダイソーの330円で買える高品質のUSB Type-C接続イヤフォン変換アダプタを試してみました。

こちらの記事もおすすめです↓

【100均】Type-C(タイプC)イヤホンジャック変換器!セリア/ダイソーで購入!
Apple製品のType-C(タイプC)がコスパ◎

プチプラでType-C(タイプC)イヤホンジャック変換器を探しているなら、

Apple製品をType-C(タイプC)がオススメですよ。

AmazonにAppleの公式があるので、そちらで正規品を購入すれば安心です。

楽天市場やYahoo!ショッピングでも正規品を取り扱ってるショップがあるので覗いてみて下さい。

「DAC」内蔵タイプがたったの330円!

ダイソーのUSB Type-C接続のイヤフォン変換アダプタには「DAC」内蔵タイプがあります。このタイプではUSBコネクタ経由でスマートフォンなどと「デジタル接続」して、デジタルで出力された音のデータをデジタル・アナログ変換を行なって音声信号に変換します。

USB Type-Cコネクタにはアナログの音声信号も通すことが出来るようになっていますが、これに対応するスマートフォンやタブレットは非常に数が限られています。

ですが、デジタル接続を行なってアダプタ側でアナログ信号を作り出すタイプの製品だと、「USB OTG」とか「USBホスト機能」と呼ばれる機能を持つデバイスなら基本どの機種でも利用可能です。

ただ、このタイプのイヤフォンアダプタでは、アダプタの中にデジタルデータをアナログ信号に変換するチップ「DAC:Digital Analog Converter」とヘッドフォンアンプを内蔵しないといけません。

ですのでこのタイプの製品はそこそこのお値段になってしまうのが普通です。アップル純正のLightningコネクタ接続のイヤフォン変換アダプタでもバーゲンプライスなぐらい。

ですが、ダイソーのこの製品はわずか330円で購入可能なのです。まずここがこの製品のすごいところです。

【100均・300均】iPhoneのイヤホンジャック変換器!100均・スリコ(3COINS)コスパいいのは?

スマホでもタブレットでもPCでも使える

USBコネクタに接続する汎用的な周辺機器にはいくつものタイプがあらかじめ定義されています。その規格に則って作られた製品ならばUSBコネクタを搭載したどんなデバイスでも使える仕組みになっています。

ダイソーのUSB Type-C接続イヤフォン変換アダプタのような音に関する製品だと「USBオーディオクラス」というタイプですね。母艦になるパソコンやスマホ、タブレットなどがきちんとUSBの規格を実装しているならば、このイヤフォンアダプタも必ず利用出来る、と言うわけです。

ですので、こういう製品はとても汎用性が高い便利な周辺機器です。

スマートフォンでもタブレットでもパソコンでもイヤフォンジャックがない機種に気軽に3.5mmのアナログイヤフォンジャックを追加することが出来ます。

さらにこの製品は5極端子を搭載していてマイクからの音の入力にも対応しています。パソコンでビデオ会議をする時などにも便利に使える訳です。

【100均・300均】iPhoneのイヤホンジャック変換器!100均・スリコ(3COINS)コスパいいのは?

実際に試してみた

さて、今回著者はダイソーのUSB Type-C接続イヤフォン変換アダプタを入手出来ましたので、これを手元のスマートフォンと接続して少し使い勝手を試してみました。

その結果を以下にまとめていきます。

意外にいい音

最初にちょっと驚いたのがこんなに安価でコンパクト、お手軽な製品なのにもかかわらず思った以上にいい音が出てきたところです。

高音も低音もよく伸びてしっかり出きっている、と言うわけではないのですが、価格等を考えると十分な音の高低の範囲がカバーできています。また、おかしなノイズが目立つこともなく、かなりクリアに音の再生が出来ていて正直かなり驚きました。

普通に音楽を聴く用途に使っても十分に楽しめるクオリティがあると思います。

もしかするとエントリークラスのスマートフォンなどでアナログのイヤフォンジャック回りのクオリティを追い込む余裕がない製品だと、このイヤフォンアダプタ経由で音出しした方が気持ちの良い音でコンテンツを楽しめるかもしれません。

音質面のコスパは最高ですね。

ハイレゾ非対応

お値段が安いこともありますし、さすがにハイレゾ音源には対応していないようです。再生できなかったり、無理矢理再生するとノイズが混じってしまったりもするようです。

この価格の製品にそこまで望むこと自体が酷ではありますね。

スマホやパソコン側でデータの「ダウンコンバート」を行なえば音を出すこと自体は出来ます。再生クオリティはハイレゾにはなりませんが。

公式サイトのレビューに3極は使えなかったとあるけれど

ダイソーの公式サイトでこの製品の情報を調べたときに見た、とあるユーザーの「3極端子のイヤフォン(=普通のステレオイヤフォン)」は使えない、というコメントが気になっていたのですが、手元の製品の組み合わせでトライする限り普通のステレオイヤフォンでも問題なく音が出ました。

こちらは多分大丈夫だと思われます。

結論:とてもお買い得

コンパクトで使いやすい形状、さらに入手しやすいダイソー扱い、そして音質面もかなり頑張っていることなどを考えると、この製品が「たったの」330円で入手出来るというのはとても魅力的ですね。

イヤフォンジャックがないデバイスに3.5mmのアナログイヤフォンを接続したいとき、とりあえずダイソーに行ってUSB Type-C接続イヤフォン変換アダプタを入手してみるというのも十分にアリです。

【100均・300均】iPhoneのイヤホンジャック変換器!100均・スリコ(3COINS)コスパいいのは?