【超お得に契約】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

【2022年版】ダウンジャケットのクリーニングが安いところはどこ?比較してみた

ダウンをクリーニングに出したいけど料金相場はどうなっているんだろう?っと気になっている人は多いのではないでしょうか。

ダウンは、他の衣類に比べ料金は高く設定されています。

今回このページでは、ダウンのクリーニングの相場や注意点などを解説していきます。

ダウンのクリーニングで失敗したくない人は、参考にしてみて下さい。

ダウンジャケットのクリーニングの相場!

ダウンジャケットのクリーニング料金の相場ってどうなっているのか気になりますよね。

ダウンジャケットのクリーニングの料金ですが、『店舗クリーニング』か『宅配クリーニング』で料金が異なります。

また、ダウンジャケットのクリーニング方法、『ドライクリーニング』か『水洗い』でも料金が異なります。

店舗クリーニングの相場

  • ドライ:1,500から2,500円
  • 水洗い:2,000から4,000円

宅配クリーニングの相場

  • ドライ:1,000〜2,500円
  • 水洗い:2,000から10,000円

ダウンジャケットのクリーニングは、高い印象がありますが、ドライクリーニングあれば、『900〜2,500円』くらいになります。

ワンランク上のクリーニングを選べば、3,000円から4,000円程度になります。

高級クリーニング店では6,000円以上するところもあります。
モンクレールなどの高級ダウンジャケットは、高級店もありですね。

クリーニングの個別タイプとパックタイプがある!?

もっと詳しく料金について解説していく前に、クリーニングの『個別タイプ』と『パックタイプ』について解説していきます。

クリーニングのパックタイプについて!

クリーニングのパックタイプとは、枚数で料金が決まっているタイプのことになります。

なので、どんな衣類だろうと洋服の一点あたりの値段は同じです。

例えば、5点で9,000円、10点で13,000円、15点で18,000円と料金が決まっています。

なので、ダウンだろうとワイシャツだろうと1つあたりの値段が同じになります。

メリット:ダウン、コートをまとめて出せば安く済む&送料も料金に含まれる

家族、友人とまとめて、クリーニングに出せば、かなり費用を抑えることができます。

クリーニングの個別タイプについて!

クリーニングの個別タイプとは、衣類ごとに料金が決められているタイプのことになります。

例えば、ワイシャツが300円、ブラウスが500円、ジャケットが1,000円と、種類ごとに料金が決まっています。

メリット:単価が安い衣類だと安く済む

ダウンジャケットのクリーニングの安いのはどこ?

ダウンジャケットのクリーニングを比較すると以下のようになります。

  • 白洋舎:2,700円
  • ホワイト急便:1,930円
  • リスナビ(パックタイプ):770円〜
  • 美服パック(パックタイプ):659円〜

リスナビ、美服パックは、パックタイプとなっていますので、衣類をまとめてクリーニングしたい人にはおすすめです。

ダウンジャケットのクリーニングオプションについて!

ダウンジャケットにはクリーニングオプションを追加することができます。

オプションの種類はさまざまで、おすすめなのが『撥水加工』のオプションになります。

撥水加工とは、水を弾くコーティングをすることです。

メリットは、水を弾くことだけではなく、汚れや汗、埃なども弾いてくれるようになります。

撥水加工をしても、通気性が保たれるので蒸れにくくなります。

撥水加工のオプションは、だいたい1,000円程度になります。

ダウンの綺麗に長期利用を考えているのであれば、『撥水加工』はおすすめです。

ダウンジャケットのクリーニングの日数について!

ダウンジャケットは、痛まないようにゆっくり丁寧に自然乾燥します。

そうのため。ダウンジャケットは、他の衣類に比べて多くの時間が必要です。

日数としては、早いところで2日、遅いところで10日程度となっています。

  • 白洋舎:7日程度
  • ホワイト急便:9日程度
  • リスナビ:7日程度
  • 美服パック:10日程度

ダウンジャケットが乾燥不足だと、カビの発生したり、生地がぺったんこになったり、生乾きの変な匂いがしたりします。

無理矢理乾燥させることで生地が痛む可能性もあるので注意が必要です。

トラブルの原因にもなるので、業者の多くは自然乾燥でゆっくり乾かしています。

ダウンジャケットのクリーニングなので、シーズン終わりで気にならないとは思います長い日数が必要なのは覚えておきましょう。

ダウンジャケットのクリーニングするタイミングは?

11月から3月くらいまでダウンジャケットを着用すると約5ヶ月間となります。

なので、長くても5ヶ月間くらい使用することになります。

約5ヶ月間も、洗わないで着用していると、目立った汚れがなくても汗や皮脂、大気汚染の成分などで、かなり汚れがたまってしまいます。

着用頻度が多いシーズンは、シーズン中、シーズンオフのタイミングでクリーニングするのもいいでしょう。

春先の寒波などを考えると4月くらいにクリーニングに出すといいでしょう。

かさばるダウンジャケットは保管サービスを利用するのもあり?

宅配クリーニングの『リスナビ』では、衣類保管サービスがあります。

サービス内容としては、以下のようになっています。

  • 5,500円
  • 最大20点(1点23円/1ヶ月)
  • 送料無料
  • 最大12ヶ月保管

1ヶ月あたり23円(1点)なので、かさばるダウンにはオススメです。

また、ダウンコートだけでなく、コートや、浴衣、学生服などの商品も取り扱っています。

基本的にハンバーにかけられる商品であればなんでもOKそうです。

【2022年版】ダウンジャケットのクリーニングが安いところはどこ?比較してみた 記事まとめ

今回は、ダウンジャケットのクリーニングの相場などについて解説していきました。

  • 白洋舎:2,700円
  • ホワイト急便:1,930円
  • リスナビ(パックタイプ):770円〜
  • 美服パック(パックタイプ):659円〜

リスナビや、美服パックの宅配クリーニングは、まとめてクリーニングするとコスパがかなりいいです。

保管プランもあるので利用するのもありです。

ただ、デメリットとしては、配送がある分、時間がかかってしまいます。