【急いで!!】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

キッズスマートウォッチの月額利用料金がかからない使い方はアリ?ナシ?

キッズスマートウォッチで月額利用料金がかからない使い方はあるのでしょうか。

今回このページでは、キッズスマートウォッチを格安で運用する方法について解説していきます。

キッズスマートウォッチをお得に利用したい方は参考にしてみてください。

povo2.0アプリ
povo2.0アプリ
開発元:KDDI CORPORATION
無料
posted withアプリーチ
povoの申し込みはアプリが必須!
\ 月額基本料0円 /
※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちら
以下の紹介コードを入力するとお得になります!

【2023年最新】キッズスマートウォッチ月額かからない方法!

  • LINEMOの実質無料を利用する
  • 3ヶ月無料の専用SIMの利用する
  • Wi-Fiのみで使用する!

LINEMOの実質無料を利用する

LINEMOなら安心してラインが使えます!
\ 期間限定6ヶ月間実質無料+5000円相当 /

LINEMOでは定期的に実質無料で使えるキャンペーンが開催されています。

ミニプラン(月額990円)を契約すると990円分のPayPayポイントが12ヶ月間貰えます。

それに加えて、『通話オプション割引キャンペーン(5分間かけ放題が1年無料)』や「LINE MUSIC6ヶ月無料キャンペーン」などがあったりします。

LINEMOのキャンペーンは結構な頻度で変更されているので確認するようにしましょう。

3ヶ月無料の専用SIMの利用する

Oaxisのキッズスマートウォッチ(myFirst Fone S3)を購入し、OaxisのSIMを契約すると3ヶ月間無料で使うことができます。

もちろん、無料期間に解約も可能です。

回線は、ソフトバンクの回線をレンタルしています。

Oaxisのキッズスマートウォッチの購入を検討していた方は、OaxisのSIMカードを契約し、料金が発生する前に解約。

その後に、LINEMOを契約するのもありでしょう。

そうすることで、実質1年間無料でキッズスマートウォッチを使うことができます。

Wi-Fiのみで使用する!

スマートフォンやタブレットは携帯会社のSIMカードを契約しなくても、Wi-Fi接続すれば、インターネットが使えますよね。

キッズスマートウォッチでも同じで、Wi-Fiのみでも使用することができます。

ただし、デメリットとしてWi-Fi接続している時にしか、インターネット通信ができません。

つまり、外で遊んでいる時や、登下校中にメッセージ・ボイスメッセージ・電話を受信・発信することができません。

外出中は使えませんが、自宅に居る時は、自宅のWi-Fiに接続して、親とやりとりができます。

緊急事には、連絡が取り合うことができる安心感があります。

最初からSIMを契約しても、キッズスマートウォッチ使いこなせないですよね。

最初は慣れさせるために、Wi-Fiの使用だけでもいいですよね。

悩んでる方はキッズスマートウォッチでやりたいことを確認しよう

子ども向けのスマートウォッチを毎月の支払いなしで運用可能なのかどうか、気になる親御さんもいらっしゃるかと思います。携帯電話回線は毎月利用料金が発生するものですし、通しで考えると意外と馬鹿にならないコストになる可能性もありますから。

このあたりの条件は「キッズスマートウォッチで何をしたいのか」という利用目的によって結論が変わってくるものになります。

ですのでまず最初に子どもさんに「スマートウォッチもを持たせて何をしたいのか」をしっかりと整理するところから始めるとよいでしょう。

実際、子ども向けのスマートウォッチの製品自体もこの目的に合わせるような形で大別して2つの系統があります。利用料金のが必要になるかどうかだけではなく、製品選びのほうも使い途を明確にすれば自ずとハッキリすると思いますし。

基本的には、使い途としてこの二つのどちらを取るかで方針は決まります。

  1. 「見守り端末」として使いたいケース
  2. 「知育玩具」「スマートデバイスの入門用」として使うケース

簡単に言えば1つめの見守り端末としてお子さんの居場所のトレースを行なう目的でキッズスマートウォッチを使われるのでした、基本、月々の利用料金(=携帯電話のプランの契約)が必須になると考えていただければ良いでしょう。

2番目の使い方で、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスに慣れさせる目的、知育玩具的な使い途を考えられているなら、通信機能がないタイプの機種でOKです。このタイプの機種には通信機能がありませんから毎月の支払いも発生しません。

最初にここキチッと判定することで要件は整理できるはずです。

LINEMOなら安心してラインが使えます!
\ 期間限定6ヶ月間実質無料+5000円相当 /

「見守り端末」にするなら基本的に料金が発生

お子さんが今いる場所を追跡して状況を確認したい、という場合にはスマートウォッチが常に通信可能な状態にある必要があります。つまり、SIMを内蔵可能な通信機能を持ったスマートウォッチと何らかの携帯電話回線の利用プランの契約が必須と考えてください。

毎月の利用料金が必ず発生することになるわけですね。

見守り機能はGPSセンサーを使ってスマートウォッチが現在位置を割り出し、それを何らかの回線経由でサーバーなどに送って記録し続けることで実現されています。つまり常時インターネットに接続出来る環境が必要になるわけです。現在それを誰でも普通に実現できるのは携帯電話回線ということです。

携帯電話回線を使う通信機能付きのスマートウォッチは恐らくWi-Fiともリンクできるはずですが、そもそも誰でもが利用出来るWi-Fiホットスポットがカバーできる範囲はとても狭いですよね。

接続可能なエリアはコンビニとかショッピングセンターとか大きなエンタメ施設の中とごく近い範囲ぐらいで、市街地だけで考えても穴だらけです。つまりWi-Fiだけでは追跡できる場所がものすごく狭いのです。事実上、ほとんど見守り端末の役目を果たすことは出来なくなります。

キッズスマートウォッチで携帯電話回線に接続出来る機種には通話機能も内蔵されているケースが多いようです。ですので回線を契約することで、緊急時の連絡用端末としても活用できます。見守り端末としてより有効に活用できるでしょう。

「知育玩具」として使うなら通信機能は不要

これに対しスマートフォンなどのスマートデバイスに慣れるための最初の一歩、的な使い方を想定してスマートウォッチを使われる場合には、スマートウォッチ自体に通信機能がなくてもある程度の対応は出来ます。

タッチ操作の基本とかスマートウォッチ内蔵分のみでもアプリ的機能を使い分ける考え方といった、スマートデバイスの使い方の基礎部分に慣れさせることは出来るでしょう。もちろんタイマー等々を実用的に活用することも出来ます。

また、キッズスマートウォッチの一部はカメラ機能も搭載していますので、こちらの面からもスマーフォンやタブレット端末の機能の疑似体験が出来るでしょう。

ただ、通信機能がないスマートウォッチですと、クラウド側のサポートありきのより高機能なアプリや機能には触れることが出来ません。そういった部分まで含めた入門を考えられるなら、より本格的なスマートウォッチの導入も考えた方が良いかもしれません。

ネット接続が出来る機種でSNSに触れられたりすると今度は逆にインターネットの「危険な情報」に触れる可能性も生まれてしまうわけで、親御さんの対応も難しくなる部分が出てくるのも事実です。

この辺りはお子さんのネットに対するリテラシー教育とも併せて考えないといけない部分になるのでしょう。

とはいえ、スマートウォッチの小さな画面では本格的にSNSに触れるのはあまり現実的ではありません。そういったことから考えると、いきなりスマートフォンを与えるよりも安全性は高いとも考えられますね。

LINEMOなら安心してラインが使えます!
\ 期間限定6ヶ月間実質無料+5000円相当 /

キッズスマートウォッチのメリット

格安SIMなので安い!

キッズスマートウォッチと格安SIMを組み合わせると、数百円で運用することができます。

大手キャリアを契約している方からするとビックリすると思いますが、200円程度から格安SIMを契約することができます。

この圧倒的に安さが格安SIMの魅力です。

そして、200円代でも070・080・090の電話番号が付与され、音声通話が可能になります。

キッズスマートウォッチは失くしにくい!

スマホだとバッグに入れたりして連絡が取れない場合があります。

そして、小さいお子さんだとスマホを紛失なんてこともあります。

ですが、キッズスマートウォッチは手首につけるので、他のデバイスと比べ失くしにくい端末になります。

緊急事態にも対応することができます。

いろんな場所で使える!

スマートウォッチなので、登下校や塾、遊び、いろんな場所で邪魔なく使うことができます。

デザインもダサくないのもポイント。

ビデオ通話もできる!

スマートウォッチでもビデオ通話が可能だったりします。外出時でも、いろんな機能があるので安心しできます。

LINEMOなら安心してラインが使えます!
\ 期間限定6ヶ月間実質無料+5000円相当 /

見守り端末でコストセーブする方法の例

キッズスマートウォッチを見守り端末的に利用する時にもやり方によっては、ゼロ円とはいかなくてもコストを大きく抑えることが出来る方法もあります。

GPSによる位置情報を使った見守りサービスがきちんと必要な位置情報だけを通信するものになっているのでしたら、一度の位置の報告で送られるデータ量はすごく少なくて済みます。つまり「高速の通信回線はいらない」はずなのです。

実際のサービスで確認を取る必要があるかとは思いますが、真面目にきちんと作られているサービスならば「携帯電話回線の速度規制がかかった状態でも十分」な程度のデータ転送しか行なわれないと思われます。

具体的なコストセーブのやり方としては、この条件を逆に使って「高速通信なしの携帯電話回線を使えるサービス」でコスト抑制が出来るはずです。

高速通信なしの携帯電話回線1、povo2.0

povo2.0アプリ
povo2.0アプリ
開発元:KDDI CORPORATION
無料
posted withアプリーチ
povoの申し込みはアプリが必須!
\ 月額基本料0円 /
※povo1.0・auからpovo2.0への変更はこちら
以下の紹介コードを入力するとお得になります!

この一番典型的でマッチしそうなパターンは、「povo2.0のトッピングなし」契約かもしれませんね。これなら通常は月々の利用料金をゼロ円に抑えることもできます。

ただ、povoをずっとゼロ円で運用することは出来ませんので、定期的に何らかのトッピングを付けてお金を払う必要はあります。放置すると解約されてしまいますから。

高速通信なしの携帯電話回線2、mineo

毎月少しずつ料金が発生しますが、mineoの「マイそくスーパーライトプラン」でも運用できる可能は高いのではないかと思います。

このプランは通常、現在の通信事情で考えれば「わずか32kbps」の通信速度になってはいますが、位置情報のデータ量などサイズは本当にしれていますから。

何かの際には、どちらのプランとも音声通話が出来るという安心感もありますし。

\当サイトタイアップキャンペーン/
mineo × <デジイミ>契約事務手数料無料

おすすめ記事↓

スマートウォッチでSIM契約するならどこがおすすめ!?