【急いで!!】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

日本通信SIMの事務手数料は無料?割引キャンペーンはどうなっている?

うさぎさん

日本通信SIMの契約事務手数料っていくらするの?

割引キャンペーンはあるの??

かめさん

うさぎさんは、初めて日本通信SIMを契約するの?

なら今日は、日本通信SIMの事務手数料について説明していくね!

日本通信SIMで人気プランの「合理的シンプル290プラン/月額290円」。

290円で月額料金は安いけど、事務手数料はいくらするのか気になりますよね。

今回この記事では、日本通信SIMの契約事務手数料などについて解説してきます。

契約を検討している方は、参考にしてみて下さい。

\日本通信SIMをお得に契約するなら必須/

日本通信SIMとは

https://www.nihontsushin.com/

まだこの格安SIMブランドになじみがない方もいらっしゃるかもしれませんね。

日本通信SIMは「日本で最初の格安SIM」ブランドとなったb-mobileの兄弟ブランドで同じ会社が運営するMVNOです。

他の格安SIMブランドの頑張りで少し存在感が弱めになってしまった感がありましたが、ここに来てかなりお得感の高いプランを打ち出していてふたたび注目を集めつつある格安SIMサービスです。

ざっくりとした違い!
  • b-mobile→データ通信重視のプラン
  • 日本通信SIM→通話にも配所したプラン

どちらかというとデータ通信側重視のプラン内容になっているb-mobileに対し、通話に対しても一定の配慮が組み込まれたプランを提供しているのが日本通信SIMというすみ分けになっているようです。

月額290円から1回線を維持可能な「合理的シンプル290プラン」など、なかなかにインパクトのある格安SIMサービスを提供しています。

日本通信SIMの事務手数料(初期費用)

格安SIMサービスの事務手数料はほとんど各社横並び状態だと思います。

基本的には3,000円+消費税の3,300円。日本通信SIMもこの例にもれず、通常の契約時の事務手数料は3,300円となっています。

https://www.nihontsushin.com/support/faq.html

ただ、「スターターパック」と呼ばれる「申し込みパッケージ」を家電量販店やAmazonなどのECサイトで購入すると、事務手数料という形では料金が発生しません

スターターパックの代金が事務手数料代わりになるようなイメージですね。

こちら、例えば2023年5月時点のAmazonでは2,900円で販売されていますので、1割ちょっとですが事実上事務手数料を少し軽減することが出来ることになります。

\日本通信SIMをお得に契約するなら必須/

日本通信SIMのサービスを利用したい場合には、家電量販店も含めスターターパックの料金もしっかり確認してみるといいでしょう。

割引などのキャンペーンは?

日本通信SIM以外の他社の格安SIMサービスでも契約時の事務手数料を無料にする、割り引くといったキャンペーンはあまり見かけませんが、これに関しても日本通信SIMも状況は同じようです。

2023年5月の時点では事務手数料を割り引くようなキャンペーンは行なわれていません。また、過去に遡ってチェックを行なってみても契約事務手数料を割り引くタイプのキャンペーンは行なわれたことがないようです。

他社の状況を鑑みても、事務手数料の割引に関しては何らかのガイドラインがあってここには手を付けないことになっているのかもしれませんね。今後も手数料に関しては割引等を期待しない方が良いのかもしれません。

通常の事務手数料の割引があまり期待出来ませんので、少しでも節約したい方は前の節で触れたスターターパックの購入を検討するほうが合理的かもしれません。

\日本通信SIMをお得に契約するなら必須/

日本通信SIMのプラン内容

日本通信SIMで提供されている格安SIMサービスのプランの内容にも軽く触れておきます。

合理的シンプル290プラン 合理的みんなのプラン 合理的20GBプラン 合理的かけほプラン Wスマートプラン
月額基本料金 290円 1,390円 2,178円 2,728円 1,738円
通信データ量 1GB 10GB 20GB 3GB 3GB(+歩いた歩数で最大1GB上乗せ)
無料通話 なし 70分 70分 かけほーだい 70分

日本通信SIMの事務手数料は無料?割引キャンペーンはどうなっている?  記事まとめ!

今回は、日本通信SIMの契約事務手数料などについて解説していきました。

日本通信SIMの契約事務手数料は、エントリーパッケージを使っても無料にすることができますが、エントリーパッケージが2,900円します。

エントリーパッケージを使わない場合だと3,300円なので、400円安く契約できるということになります。

月額料金が安い格安SIMなのでしょうがないような気もしますが、10GB・20GBのプランまで初期費用が2,900円なのは残念です。

290円プランだと、初期費用が2,900円でも納得ですが。

ちなみに、月額250円(低速・電話番号付き)のmineoのプランでも、初期費用は発生するようになっています。

mineo 日本通信SIM
プラン マイそくスーパーライト 合理的シンプル290プラン
月額基本料金 250円 290円
通信データ量 低速 1GB
無料通話 なし なし
初期費用 3,300円 3,300円→2,900円
mineoのマイそくスーパーライトの評判!注意点などもまとめてみた!