【急いで!!】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

楽天モバイルの端末保証(補償)は「持ち込み端末」と「新規購入した端末」とは異なるので注意!故障が不安な方は必見です!

大手キャリアから楽天モバイルに乗り換える際に気になるのが「端末保証(補償)」でしょう

今販売されている端末は、高額のため端末が故障してしまうと高額の修理費が必要になったりします。

壊れるのが1度だけならギリギリ大丈夫なのですが、2、3度と壊してしまうと、費用が大きくなってしまいます。

ですので、

「楽天モバイルは持ち込みの端末は端末保証対象なのか?」

「楽天モバイルで新品のスマートフォンを購入した端末はどうなるのか?」

などが気になりますよね。

今回は格安SIMで人気の楽天モバイルの端末保証(補償)について解説していきます。

楽天モバイルには2つ「端末保証(補償)」がある!

楽天モバイルには「端末持ち込みユーザー」と「楽天モバイルで端末を購入したユーザー」で保証が異なり、2つの端末保証(補償)があります。

持ち込みの端末を楽天モバイルで利用する人は『つながる端末保証 by 楽天モバイル』に月額500円で加入できます。

楽天モバイルで端末セットを購入した人は『スマホ交換保証』に月額500円で加入できます。

どちらも、月額500円で加入できるのですが、保証の内容全く同じではないので、加入する方を調べておきましょう。

楽天モバイルの端末保証(補償)はどんな故障でも大丈夫?

楽天モバイルでは、2つの端末補償『つながる端末保証 by 楽天モバイル』と『スマホ交換保証』があります。

この2つの保証ですが、どんな場合に対応してくれるのか気になりますよね。

楽天モバイルの端末保証で対応している故障内容は?
  • 水没
  •      

  • 破損
  • 自然故障

楽天モバイルの2つの保証は水没・自然故障・破損に対応しているので、故意に壊さなければ対応してくれます。

水没について

今の最新のスマートフォンであれば防水機能がついているので、トイレなどで誤って落としてしまっても、そうそう壊れることはありません。

防水機能がついていても、完璧に水を防ぐことはできないので壊れてしまうこともあります。

水没してしまいスマホのバッテリーが正常に動かなくなってしまったら楽天モバイルの端末保証で対応しましょう。

破損

スマートフォンの落下などで画面割れ画面が見づらい、タッチパネルが正常に動かなくなってしまった。

電源が入らなくなってしまった場合でも、楽天モバイルの端末保証が使えます。

もちろん、全損の場合でも対応可能です。

自然故障について

自然故障というのは、水没や破損によるスマートフォンの故障ではなく、急にスマートフォンの電源がつかなくなったり正常に起動しなくなった故障になります。

新品で購入したスマートフォンでも突然電源がつかなくなってしまうことがあります。

新品でなくても、経年劣化で電源がつかなくなってしまうことがあります。

その際に端末保証で修理の対応をしてもらうことができます。

『つながる端末保証 by 楽天モバイル』持ち込み端末の端末保証について

格安SIMの場合、大手キャリアのauやドコモ、SoftBankで利用していたスマートフォンを、そのまま利用する人が多いです。

楽天モバイルでも持ち込み端末が利用できるようになっています。

そして、持ち込み端末を利用するユーザーでも安心してスマートフォンを使えるように『つながる端末保証 by 楽天モバイル』という端末保証オプションがあります。

ただ、『つながる端末保証 by 楽天モバイル』を利用するためにはいくつか条件があるので把握しておく必要があります。

国内の正規販売されたスマートフォンであること

auやドコモ、ソフトバンク、Apple Storeなど正規販売されているスマートフォンであれば『つながる端末保証 by 楽天モバイル』で端末が保証されます。

ですが、海外で購入したスマートフォンは『つながる端末保証 by 楽天モバイル』で保証されません。

海外で購入したスマートフォンを利用している人は、個人輸入したスマートフォンとみなされ対象外になってしまうので注意しましょう。

楽天モバイルで90日以内の通信実績があるか

楽天モバイルのSIMカードを利用しインターネット通信をした端末のみ保証の対象となります。

楽天モバイルの使用から90日以内までに通信の実績がないものは楽天モバイルのSIMカードを差し込んでいても対象外となりますし、保証を受けたい機器は事前に個体固有番号に登録しておく必要もあるので、この点を忘れないようにしましょう。

自然故障の場合は発売から3年以内が保証対象

スマホなどの端末が自然故障した際は、そのスマホの発売から3年以内のもののみ適用されます。

そのため、発売から3年を超えた機器は対象外となり、オークションなどで購入した古い機器などは自然故障のサービスからは外されることが多いです。

あくまでも自然故障が対象であって、破損や水没による故障は発売から3年経っていても適用されるので安心してください。

修理や交換費は50,000円が限度

つながる端末保証の場合は上限が50,000円までが限度になります。

修理や交換に保証限度が超えるようであれば、後は自己負担となってしまいます。

そのため、保証を受ける際は50,000円以上の修理になるのか効率考慮しておくことが大事です。

スマホを交換する際に5万円ほどのスマホであれば、その交換のみですでに上限近くまで達してしまうこともあります。

つながる端末では限度があるので、その点にも注意しておくことができます。

楽天モバイル以外で端末を購入しても「つながる端末保証」に加入してサービスを受けることができますが、端末購入時の端末保証とは少しサービス内容に違いがあります。

しかし、故障などの際は実費で交換するよりは費用の削減となるのでおすすめできます。

ちなみに「つながる端末保証」も月額500円となっています。

『スマホ交換保証』楽天モバイルで端末を購入した方

スマホが破損や水没をしてしまったときに状態がかなり悪ければ修理ができずにスマホを交換しなければならなくなります。

スマホを交換するなら機種によって金額は違いますが、料金を支払う必要があり、時には高額な料金となることもあります。

そのため、スマホ交換をする際は修理費用とは別に大きな費用がかかってしまうので、スマホを壊して交換する可能性が高い人ならスマホ交換保証のオプションにも加入することを検討しましょう。

スマホ交換保証なら最大年3回まで交換が可能であり、サービス利用時の負担額は6,000円済みます。

機種を問わずに一律で6,000円という設定なので、6000円以上のスマホを使用しているならスマホ交換保証に加入しておいて損はないはずです。

特に、AQUOS zeroやOPPO Find Xなどを使用している人は金額がどちらも10万円近くまでするので、スマホ交換となったときはかなりの出費となってしまいます。

そのため、スマホ交換保証に加入しておいて損はありません。

ただ、スマホ交換保証を利用する際は注意点もあるので、その点を確認しておくことが大事です。

iPhoneでは利用ができない

楽天モバイルのスマホ交換保証のオプションは、iPhoneには利用できません。

それは、楽天モバイルで使用しているバッテリーや付属品がサービスの対象外となっているのでためです。

iPhone以外の海外のスマホも利用できないものがあるので、スマホ交換保証はどんなスマホも加入することができるわけではありません。

楽天モバイルを解約すると保証も解約になる

楽天モバイルのスマホ交換保証は楽天モバイルのサービス利用者専門のオプションであり、楽天モバイルの回線を解約してしまうと同時に保証も解約となってしまいます。

楽天モバイルの回線を使用していても「違う会社に変更したい」と思えば、その際にスマホ交換保証も無くなるということを明記しておき、勘違いすることが無いようにすべきです。

楽天モバイルで端末を購入したときのみのオプション

スマホ交換保証は楽天モバイルで端末を購入したときのみ申し込むことができるオプションになります。

そのため、楽天モバイルで端末を購入せずに、このオプションに加入するのは無理なので、スマホの効果オプションが欲しい場合は楽天モバイルで端末を購入するようにしてください。

スマホ交換保証に加入するためには申込をする必要がありますが、申し込みは公式サイトで端末を購入したときに契約画面からオプション追加の項目から加入できます。

購入した後も契約申込画面から追加申込ができるので、必要であれば申込んでおくことができます。

『つながる端末保証 by 楽天モバイル』『スマホ交換保証』どんな人が加入すべき?

楽天モバイルでタブレットなどの端末を購入したなら、端末保証には加入しておくべきです。

端末保証に加入しておくなら端末が故障してしまったときに、保証から修理することができるので、費用を削減して修理が可能です。

このように端末保証に加入しておくことでスマホやタブレットを故障させてしまった際に修理してもらうことができます。

ちなみに端末保証は月額料金として500円を支払う必要があり、2017年1月4日以降に加入した人は保証期間が永久となっています。

それ以前の人であれば2年契約です。

端末保証に入っておくことで故障しても安心感を得ることができます。