【急いで!!】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

イオンモバイルはMNP弾として使える?費用を計算してみた!

格安SIMを契約する大半の方は、毎月の通信費を抑えたいと思い契約しています。

ですが、携帯回線に詳しい方になると、格安SIMをMNP弾として契約しています。

イオンモバイルでは、大手キャリアのドコモ回線とau回線が使えます。

2大キャリアが使えるので、au回線に切り替えて、ドコモに乗り換えて特典を受け取るなんてこができるのでMNP弾と重宝されます。

イオンモバイルをMNP弾目的ではなくても、知っておくと乗り換えの際に役に立つので参考にしてみて下さい。




できるだけイオンモバイルをお得に契約したい!

イオンモバイルでMNP弾を仕込む際には、できるだけお得に申し込みたいですよね。

以下がイオンモバイルをお得に契約する方法です。

イオンモバイルをお得に契約する方法
  1. 紹介キャンペーンで1000WAONポイントGET
  2. エントリーパッケージの仕様で2000WAONGET
  3. キャンペーン期間中に申し込む

お得に申し込む際の注意点としては、WAONポイントを受け取る前に解約してしまうと特典のWAONポイントを受け取れないことです。長期保有を検討している方は利用してみてください。

お得その1 イオンモバイル紹介トクキャンペーンで1000WAONポイント

イオンモバイルには紹介キャンペーンが常時開催しています。

紹介キャンペーンの詳しい内容は以下のページから確認して下さい。

イオンモバイルの紹介コード掲載!「紹介トク」を詳しく解説!

イオンモバイルを紹介した側は、3000WAONポイントで、

イオンモバイルを紹介された側は、1000WAONポイントとなっています。

申し込み時に紹介コードを入力するだけで1000WAONポイントが貰えるので必ず利用するようにしましょう。

注意点としては、データ専用SIMは、WAONポイントが貰えず、1GBのプレゼントのみとなっています。

また、紹介コードの有効期限は発行月の翌月末までとなっているので注意してください。

お得その2 エントリーパッケージ、エントリーコードの利用!

イオンモバイルではエントリーパッケージが販売されています。

エントリーパッケージとは、3300円で発売されており、エントリーパッケージに記載されている16桁コード(エントリーコード)を使って申し込むと2000WAONポイントが付与されます。

初期費用計算
3300円-2000円(WAONポイント)=1300円お得

以上の計算でわかるように、実質1300円お得となります。

注意点としては、エントリーパッケージは店舗で販売されているエントーパッケージだけがWAONポイントが貰えます。

対象なのは、音声通話対応プランとなっています。データ専用プランは対象外になってしまいます。

お得その3 キャンペーン期間中に申し込む

キャンペーン中に申し込むことでWAONポイントが貰えたりします。

2023年7月1日から2023年8月31日に開催されているイオンモバイル納得!夏特!でも多くのWAONポイントが貰えます。

MNPで乗り換え=3,000WAONポイント
対象機種購入=5,000WAONポイント
支払いをイオンカード=2,000WAONポイント




イオンモバイルMNP弾の費用の計算

エントリーパッケージを使わない場合

項目 金額
契約事務手数料 3,300円
基本料金 803円(1ヶ月)
SIM発行手数料 0円
MNP転出手数料 0円
違約金 0円
合計 4,103円

イオンモバイルの場合だとSIM発行手数料は、契約事務手数料に含まれています。

余計なことを考えてMNPに特化した場合だと、4,103円になります。

長期保有の方は、エントリーパッケージや紹介キャンペーンを利用すると更にお得に契約することができます。

ただ、回線維持費に「803円×○ヶ月」が必要になります。

イオンモバイルのMNP弾などで気になる点について!

イオンモバイルの解約・MNP転出手数料

イオンモバイルには、最低利用期間が設けておらず、いつ解約しても違約金が発生することはありません。

MNP転出手数料は、以前までは設けられていたのですが、現在ではMNP転出手数料はありません。

好きなタイミングで乗り換えることができます。

イオンモバイルのMNPまでの日数!

イオンモバイルでは、WEBと店舗の申し込みがありますが、MNPまでの日数はそこまでかわりません。

WEB(インターネット)での申し込みの場合

イオンモバイルをWEBで申し込む場合には、

WEB申し込み
審査
SIMカード発送
SIMカード到着

の流れとなっています。

MNP予約番号を発行できるのは、イオンモバイルのSIMカードが発送されてからなので、2、3日程度になります。

即日お渡し店舗での申し込みの場合

店舗での申し込みの場合には、

店舗で申し込み
即日SIMカード受け取り

の流れとなっています。

MNP予約番号の発行は、翌日からとなっています。

最短で2日目で発行できる形となります。

紹介トクでの申し込みだとMNPに時間がかかってしまう

紹介トクでの申し込みだとMNPに時間がかかってしまうことです。

紹介トクの紹介コードを利用して、イオンモバイルに申し込むと、1000WAONポイントが貰えます。

ですが、契約が完了した月の翌々月末に1000WAONポイントが貰えるようになっているので、すぐにMNPができなくなってしまいます。

長期運用の方は問題ないのですが、短期運用の方は注意が必要です。




イオンモバイルはMNP弾として使える?費用を計算してみた! 記事まとめ!

今回はイオンモバイルのMNP弾について解説してきました。

MNP弾の費用としては以下のようになっています。

項目 金額
契約事務手数料 3,300円
基本料金 803円(1ヶ月)
SIM発行手数料 0円
MNP転出手数料 0円
違約金 0円
合計 4,103円

イオンモバイルは、au回線・ドコモ回線が使えて、違約金も発生しない格安SIMです。

とても人気のある格安SIMなので気になった方は公式サイトを覗いてみてください。