mineoで複数回線契約するならeoIDは別個にした方がお得!同一名義でも登録可能

mineoで複数回線を申し込む方法は

  • 新規でeoIDを作成して申し込む方法
  • 既存のeoIDで申し込む方法

の2通りがあります。

この2通りの申し込み方法は一見一緒のように見えますが、申し込み方法によってmineoで受けれるサービスは異なるので注意が必要です。

また、GoogleやYahoo!で「eoID 複数」と検索して、このサイトに辿り着いた人の中には、

『eoIDは同じ名義で複数持てるなんて知らなかった・・・』

という人もいるでしょう。

なので今回は、「本当に1人で複数のeoIDは取得できるのか?」「2通りの申し込み方法で受けれるサービスの違い」「複数回線の割引」「mineoで契約できる回線数」などについてわかりやすく説明していきたいと思います。

複数回線のことについて全てわかりやすく説明していていますので、
mineoで複数回線を契約しようと思っている人は是非参考にしてみてください。

2つの申し込み方法で、『どっちがお得なのか今すぐ知りたい』と思う方もいると思いますので、
結論を先に言うと、「新規でeoIDを作成して申し込む方法」がお得にmineoを使うことができます。

1人で複数のeoIDは取得できる

かめさん

マイネオのeoIDは同じ名義で複数作成できるようになっているんだ!

うさぎさん

えっ、そんなことできるの???
でもでも、eoIDを作成する時に入力する住所、クレジットカード、名義、連絡用メールアドレスは一緒になるけど問題ないの?

かめさん

うん、問題ない!連絡用メールアドレスだけ変えてeoIDを作成すれば大丈夫なんだ!!

うさぎさん

へぇ〜知らなかったわ!!メールアドレスだけ気を付けておけばいいんか。

かめさん

そう!!もともとeoIDは1つの回線(SIM)ごとに作成できるようになっているからね。

うさぎさん

ふむふむ。

かめさん

何度も言うけど・・・連絡用メールアドレスだけは絶対に変えるようにしてね!

うさぎさん

お、おう。連絡用メールアドレスは変えるんだな!

かめさん

そう。メールアドレスだけは重要なところだから・・・絶対に、変えるんだよ。

かめさん

後、eoIDはマイネオのマイページにログインする時や、契約内容の変更、マイネ王ログインに必ず必要になってくるから無くさないようにメモしとくんだよ。

うさぎさん

おっけい!(お前は俺の保護者かよ…)

ここで誰しも思うのが「同じ名義や住所でeoIDは複数作成することができるのか?」ですよね。

安心してください、eoIDは、回線ごとに作成することが可能なので、回線を追加する度にアカウントが作れるようになります。

私自身もmineoを3回線契約していますが、3回線ともeoIDを別個にして管理しています。

現在のmineoのSIM利用状況
  • 1枚目はメインで使うスマートフォン用の回線
  • 2枚目はiPadで使うタブレット用の回線orスマートフォン
  • 3枚目は、外出先で使うためのwi-fi用の回線orスマートフォン

すべて新規でeoIDを作成して契約しています。

3枚目の特殊ですが、mineoのSIMで中古で購入したポケットwi-fiが利用できるのです。興味ある方は下の記事を参考にして見てください。

参考 持ち運びに便利なwi-fiルーターが333円〜で使える!!mineo

しかし、eoIDを新たに作成して、申し込む際には注意しないといけないことがあります。

それはeoIDに登録する連絡用メールアドレスです。

必ずしも、eoID作成時に利用した連絡用メールアドレスと異なるメールアドレスを入力しないといけません。

以下の

  • 名前
  • クレジットカードの情報
  • 住所

などは被っていても全く問題ありません。

もし、今までに利用したことのあるメールアドレスで作成すると、会員情報が重複していると見なされeoIDを作成することができません。
eoIDを作成して申し込む際には、必ず違うメールアドレスでeoIDを作成するようにしましょう。

回線ごとにeoIDは作成することが可能となっていますが、複数の回線を一つのeoIDにまとめて申し込むこともできます。

2通りの申し込み方法で受けれるサービスの違いなどについて

うさぎさん

僕さぁ、mineoでもう1つスマホ契約しようと思ってるんだよねぇ!!(浮気を完全に遂行させるために絶対必須)

かめさん

て、ことは今持っているmineoのスマホと別に1回線契約しようと思っているんだね?

うさぎさん

うん!そーゆーことだね!(適当)

かめさん

でも急にどうしたんだい??確かに2回線持っていた方がパケットを送りあって効率よくスマートフォンを使えるけど。

うさぎさん

お、そうそう!コウリツヨクツカイタイカラ・・・(彼女に勝手にスマホ見るし、夜中こそっと自分の指紋追加してロック解除してたんだよ…マジヤバたん…)

うさぎさん

それで、複数回線を申し込む時ってどうしたらいいのかなぁと思って・・・

かめさん

おけ!!マイネオには複数回線を申し込み方が2通りの申し込み方があるのは知ってるよね?

うさぎさん

うん?!

かめさん

2枚目以降のSIMを申し込む方法は

  • 1枚目のSIMと同じeoIDで申し込む
  • 1枚目のSIMと異なるeoIDで申し込む

やり方があるんだ。

うさぎさん

ふむふむ!!

かめさん

これが結構重要なことで、eoIDをまとめるか、まとめないかで受けれるサービスが変わってくるんだ。

うさぎさん

あぁあぁ、サービスが変わってくるなら重要なことだねぇ・・・結構気になるから教えて〜

かめさん

なら!!eoIDをまとめるか、まとめないかで受けれるサービスの違いについて説明していくね。

家族や、個人で使うiPadなどのタブレット・スマートフォン用に、mineoを複数回線を契約しようと思っている人は多いはずです。

もし、何も知らない人であれば、初めて作成したeoIDで申し込んでしまうのがほとんどではないでしょうか。

しかし、mineoでは、複数回線を申し込む時に2種類の

  • 既にあるeoIDで申し込む方法
  • 新規でeoIDを作成し申し込む方法

があり、複数回線を申し込む時に手順を間違えてしまったら、損をしてしまうことがあるので注意が必要です。

一見、1つ目の、既にあるeoIDの方が管理がしやすくて良い感じがしますが、
パケットギフトが使えなかったり、eoIDがまとめられる事によって回線ごとの設定がしにくかったりします。

両方ともメリットやデメリットがあるので、一概にこれが1番とはいえませんが、2つ目の、新規でeoIDを作成して申し込む方法が、パケットが効率よく使えてメリットは大きいでしょう。

1つ目、2つ目の契約の仕方で契約したい人はこちら↓からできます。

既にあるeoIDで申し込む人は「eoIDでログイン」を選択し
新規でeoIDを作成する人は「お申し込み手続へ」をタップして下さい。

それでは、2通りの申し込み方法でのサービスの違いについて見て行きましょう。

割引について

eoIDをまとめて複数回線契約すると複数回線割が適用される

かめさん

eoIDをまとめて複数のSIM(回線)を契約すると複数回線割で50円+税で54円安くなるんだ。

うさぎさん

たった54円か…うまい棒、5個しか買えないべ・・・

かめさん

確かに、複数回線割になってもウマウマって感じでもないよね。うさぎさん場合だと2回線の契約なら月に108円で年間で税込で1,296円だもんね。

うさぎさん

でも年間で考えたら1,296円か。まぁ安くなるならええか笑

かめさん

そうだね。まぁたくさん契約しようと考えてる人からするとバカにできない金額になるよね。

eoIDをまとめると、複数回線割が手続なしで適応されるので、楽に割引を受けることができます。

割引される金額は、毎月に50円に税金を足した金額54円になります。1回線につき年間で648円安くなることになります。

年間648円という少ない金額になりますが、回線を多く契約する人にとってはバカにできないでしょう。もし、最大の5回線契約なら648円×5=3,240円割引されます。

複数回線割で実際に割引されるのは、複数回線を申し込み契約した月の翌月からです。

自動で適用されるので申し込みを忘れる心配がないので安心です。

例えば
2回線契約しているのであれば、合計で108円
3回線契約しているのであれば、合計で162円
4回線契約しているのであれば、合計で216円
5回線契約しているのであれば、合計で270円

複数回線割が適応されるのは最大で5回線までとなっています。
それ以上契約する人はいないと思いますが、家族で代表者一人の名義で契約する場合は、超えてしまう可能性があるので注意しておきましょう。

eoIDを別々にして複数回線契約すると家族割が適用される!同一名義でも家族割可能!

うさぎさん

eoIDを別々にして複数回線契約すると家族割が適応されて50円+税で54円安くなるんだ。

うさぎさん

なら今回の僕のように回線を増やそうとしている人は、個人でやるから家族割が適応されないよね?

かめさん

それがね。うさぎさんのようにもう1回線増やしても家族割が適応されるんだ。

うさぎさん

まじかよ…僕家族いないのに、家族割できるのかよ…

かめさん

(え…うさぎさんって親、兄弟いないの…触れないでおこう…)

かめさん

そうなんだ。続柄を本人にして申し込めば割引は可能になってるんだ!

うさぎさん

ふむふむ。あれ?ってことは、複数回線割と家族割で結構お得にならない?

かめさん

現在マイネオでは複数回線割と家族割を併用することはできないようになってるんだ…どっちかを選ばないといけないの。

うさぎさん

そうなんだね。とりあえず、eoIDをまとめてもまとめなくても、同じ額割引きされるんだね。

eoIDをまとめないで新規で作成し複数回線契約すると家族割が適応されます。家族割で割引される金額は「複数回線割」と同額の税込み54円となります。

例えば
2回線契約しているのであれば、合計で108円
3回線契約しているのであれば、合計で162円
4回線契約しているのであれば、合計で216円
5回線契約しているのであれば、合計で270円

複数回線割は同じeoIDで契約しないといけないのですが、家族割にするにはeoIDを別個にしないといけません。

またイメージ的に、家族割なので家族の名義で契約している回線じゃないと適応されない感じがしますが、そんなことはありません。

家族割を申し込む際に、続柄を「本人」にすることで、家族割を適用することが可能です。

複数回線割だと割引は自動でやってくれるので簡単なのですが、複数回線割と違い、申請が必須になります。

また、申請する際には本人確認のため、家族の身分証をアップロードしないと適用されないです。

なので、最初に忘れないように身分証のアップロードをしましょう。

家族割は、申請したりとめんどくさそうですがeoIDが別になることで、マイネ王・mineoスイッチ・LaLaコールが使いやすくなったり設定しやすくなるのでし結果楽になるでしょう。

後の方で詳しく説明して行きます。

mineoで契約できる回線数について

うさぎさん

あ、かめさん!マイネオって契約できるSIM(回線)の上限とかあるの?

かめさん

うんあるよ!同じ名義で契約できる回線の上限は5回線で、同じ住所では10回線だよ!

うさぎさん

やっぱ上限はあるのかぁ…(5回線もあれば…大丈夫だな…浮気相手…)

かめさん

さっき同じ名義で契約できる上限は5回線って言ったけど、同じeoIDで契約できる上限も5回線だから注意してね!そこまで契約することはないと思うけど!

うさぎさん

おっけい!!5回線以上契約しないと思うから大丈夫!

かめさん

理解していると思うけど、eoIDを2回線だけまとめて、他はまとめないとかもできるからね!

うさぎさん

確かにそれもできるか!まとめたいeoIDをまとめるのもアリだね。

mineoで契約できる回線数は、eoIDをまとめても、まとめなくても、上限は変わらないので、気にする必要はありません。

mineoで契約できる上限は、同じ名義で5回線、同じ住所で10回線となっています。これ以上契約できないので注意してくださいね。

また、mineoで複数回線契約した場合、全部eoIDを別個にしてもいいし、2回線だけまとめてみることもできます。

もし契約している回線を減らしてしまったら、複数回線割・家族割の割引はどうなる?

うさぎさん

もしさぁ、やっぱ複数回線必要ないってなってさ。解約するじゃん?

割引ってどうなるの?

かめさん

ふむふむ。マイネオで家族割、複数回線割で割引されるのは解約する月までだよ。

うさぎさん

やっぱりそうだよね。了解です。

複数回線割、家族割で割引される金額は54円なので、あまり気にしない人は多いと思いますが、回線が減ってしまった時の割引についてお話ししますね。

複数回線割が適用されていた、回線を解約してしまった場合には、解約する月まで54円割引されます。
また、複数回線から単独回線になった場合でも、単独になる前の月まで割引が適応されます。

eoIDをまとめると「パケットシェア」eoIDを別個にすると「パケットギフト」

かめさん

eoIDをまとめるとパケットシェアは使えるけどパケットギフトが使えないくなるんだ。これが僕的にはパケットギフトが使えないのは辛いかな。

うさぎさん

あぁそうなんだ。(何が辛いのかさっぱり…)一応さ簡単にパケットシェアとパケットギフトを説明してくれないかね…

かめさん

おっけい。

うさぎさん

よろしく頼むん。

かめさん

パケットシェアは繰り越ししたパケットを回線ごとに均等に振り分けてくれるんだ。

かめさん

ふむふむ。マイネオではもともとパケットを繰り越しするサービスがあるよね。でもパケットシェアを使うことで、均等にパケットを繰り越すことができるんだ。

うさぎさん

ほうほう、それで、パケットギフトは?

かめさん

パケットギフトは、eoIDが異なるユーザーとパケットを送り合うことができるんだ。

うさぎさん

ほうほうほう。

かめさん

(まだ説明不足かな?)
後、パケットギフトって、繰り越したパケット、繰り越ししていないパケットも送ることもできるだ。

うさぎさん

あぁぁ。それなら絶対パケットギフト使えた方がいいな。パケットが足りてない端末に送ることができるのか。ふむふむ。

かめさん

そうだね。そして、繰り越した月の最終日にはパケットを使い切らないと消滅してしまうからね。

うさぎさん

パケットギフトでうまく回していきたいな。てか、送りあることができないのは辛い…

パケットシェアとパケットギフトは別物になります。

eoIDをまとめしまったらパケットシェアが利用可能になり、
eoIDをまとめなかったらパケットギフトが使えるようになります。

パケットシェアについて

mineoには、余ったパケットを繰り越しできるようになっています。
eoIDをまとめるとパケットシェアしか使えなくなってしまいますが、繰り越したパケットを機械的に均等に振り分けてくれます。

注意

以前のパケットシェアは、同じeoIDじゃないとシェアできませんでした。
しかし、現在では異なるeoIDでもパケットシェアに申し込めばパケットをシェアできるようになりました。

なので、家族や友達や恋人でも、シェアするメンバーを決めて申し込めばシェアできるのです。
でもシェア可能なのは、繰り越したパケットだけなのであまり魅力を感じません。

パケットギフトについて

mineoには、パケットを送り合う「パケットギフト」というサービスがあります。

しかし、パケットギフトでパケットを送り合うためには、異なるeoIDであることが条件です。

パケットシェアと違い、パケットギフトは持っているパケットを送り合うことができます。
繰り越したぶんのパケットだけではなく、今使えるパケットを全て送ることもできるので助かりますね。

パケットを効率よく使いたい方は、必ず、新規で作成したeoIDで申し込むようにしましょう。
パケットシェアより、パケットギフトの方が使い勝手が良いので!!

eoIDはまとめて複数回線割?別個にして複数回線割?申し込み方はどれがいいの?

家族がいるのであれば別々で契約しeoIDを作成した方がお得なのか、一人の名義で回線を契約しeoIDをまとめる方がお得なのか気になりますよね。

また、家族がいなくて個人で複数契約する人も気になるところだと思います。

一見、eoIDってまとめたほうが、覚えやすくてわかりやすい感じがしますよね。
でも、eoIDをまとめてしまうと、逆にmineoのサービスが使いにくかったり、パケットを効率よく使えなかったりします。
eoIDをまとめるかまとめないかで使いやすさ・お得さ、は結構変わってきますので注意してください。

かめさん

eoIDをまとめた方がいいのかまとめない方がいいのか説明していくよ。

mineoユーザーが使っているLaLaコール!eoID別個にしていると設定する方が簡単

かめさん

LaLaコールって知ってるよね?ララコールはeoIDを別個にしている方が、登録や設定がしやすいよ。

うさぎさん

あぁ知ってるよ!マイネオが提供しているやつでしょ!でも俺ほとんどLINE電話しか使ってないからあんまり興味ないやw

かめさん

あ、おk(後から聞いてきても教えないから…)まぁ家族いないし問題なさそうだね。

LaLaコールはmineoが提供している格安通話アプリになります。電話番号の先頭の3桁が050の番号で、mineoを契約しているにであればLaLaコールを使うことによりぐっと通話料を抑えることができます。

しかし、格安通話アプリ・LaLaコールを使うためには、mineoのeoIDが必要になってきます。でも、eoIDが1つにまとめられている場合だと、ファミリーeoIDを発行して利用しないといけません。

このファミリーeoIDってのが、結構めんどくさくてわかりづらいのです。
なのでeoIDを別個にしている方が、LaLaコールは簡単に設定できるのでおすすめです。

eoIDを別個にした方が、mineoスイッチが使いやすくなる

かめさん

eoIDを別個にした方が、mineoスイッチが使いやすくなるよ!!

うさぎさん

てかまず、mineoスイッチがどんなものかわかんないんだが・・・

かめさん

あ、ごめんよ。mineoスイッチは、高速通信モードをするか低速通信モードにするか選択できるサービスなんだ。

うさぎさん

ほうほう。でもほとんどの人、高速でインターネットを使いたくないか?

かめさん

そうだね。でも、低速通信モードにすることで、パケットを使わずインターネットを使うことができるんだ。

うさぎさん

てことは、低速通信をすることで、無料でネットが使えるんだねw最高じゃんw

かめさん

でも、通信速度が遅くてイライラするかもよwwLINEとかは問題なく使えるけどね!!でも、画像・動画を送ると遅くなる感じかな!

うさぎさん

ふむふむ。考えながらTPOだね。(どやっ)

かめさん


うまく使いこなせば、結構パケットを節約できるね。

mineoスイッチは、mineoが提供しているサービスでweb版とアプリ版がります。

mineoスイッチの機能は、通信速度を高速にするか低速にするかボタン1つで選択できることです。またmineoスイッチで低速にすることで、データ容量(パケット)を減らさずにインターネットが無料で使えます。

通信速度は、LINEとかなどのアプリだと低速でも問題ないのですが、インターネットで調べたりするときには遅くてイライラすることがありますw
しかし低速にも、初速だけは高速と同じスピードが出るようになっています

なので、一度、低速を使ってみてストレスが感じないようであれば、データ容量を節約することができるのでmineoスイッチを使うようにしましょう。

うさぎさん

それで、eoIDを別個にするとmineoスイッチが使いやすくなるのはなんでだい?

かめさん

mineスイッチを使うためには、eoIDで認証することが必要になるんだ。

うさぎさん

ふむふむ。連携(認証)が必要なんだね!

かめさん

そう。それで、複数回線(eoIDをまとめ)もってたら低速にしたらどうなると思う?

うさぎさん

あ、もしかして全ての回線が低速になってしまうのかぁい?

かめさん

うん…じゃあ、彼女とeoIDをまとめてたらどうなる?

うさぎさん

うん!100%喧嘩になる!!!!!

かめさん

だね。(絶対にうさぎさんにはスイッチを押す権限なさそうだし)

うさぎさん

家族のために複数回線契約している人だとだるくなりそうw絶対喧嘩になるからmineoスイッチ使うなら分けたほうがいいわww

mineoスイッチを使うためにはeoIDが必要になっています。
なので共通のeoIDで複数回線契約していると、mineoスイッチは全ての回線に共有してしまうことになります。

もし、mineoスイッチで低速を選択しパケットを節約しようとするなら、必ずeoIDは別個にしておく方がいいです。

1人で全ての回線を使っているのであれば切り替えは簡単ですが、家族や恋人と使うとなると少し面倒な気がします。
例え、1人の場合でも、全てのスマートフォンが低速になってしまうと不便です。

私は、全てeoIDを別個にしてスマートフォンを使い分けしているので、問題なくmineoスイッチを利用しています。

圧倒的にパケットシェアよりパケットギフトの方が使える!

かめさん

うさぎさん、パケットシェアとパケットギフトどっちがパケットを効率よく使えるか、わかったよね?

うさぎさん

う、うん!!パケットギフトの方がいいんでしょ!?

かめさん

うん、そう!!!パケットギフトのを使えば、パケットの有効期限も伸びるし、本当おすすめ!!

うさぎさん

ふむふむ。

先ほども説明しましたが、パケットシェアより、パケットギフトの方が効率よくパケット(データ通信容量)を使うことができます。

そして、パケットシェアでは繰り越したパケットをシェアする形になりますので、繰り越した分がなくなってしまうことを考えると使い勝手が悪いです。

パケットでは、繰り越ししたパケットも送れたり、繰り越ししたパケット以外も送れるのでありがたいです。

また、繰り越しの有効期限は、翌月の月末となっているので、パケットシェアでは使い切る事ができなかったりします。

それに比べ、パケットギフトは、送り合った月から翌月になるので、毎月複数の端末で送り合えば半永久的にパケットを使えることになります。
パケットを使う月もあれば、使わない月もあるので、どんどんパケットを回して行きたいですね。

mineoで複数回線契約するならeoIDは別個にした方がお得!同一名義でも登録可能 記事まとめ

今回は複数回線を契約しようと思っている人向けに説明していきましたが、どうだったでしょうか?

eoIDをまとめると、複数回線割が自動的に適応されて手続きは楽ですが、パケットギフトが使えなかったりするのであまりお勧めできません。
また、LaLaコールやmineoスイッチの設定が結構ややこしくなってしまいます。

eoIDを別個にすると、eoIDを回線ごとに作成しないといけませんが、パケットギフトが使えて効率よくパケットを消費することができます。

eoIDをまとめるのと別個するのでは、割引される金額も同額なので
eoIDを一緒にした方がいいでしょう。

注意

複数回線を契約予定の人は、店舗に行くよりインターネットでで申し込む方がいいです。
店舗の場合だと、別のeoIDで申し込めないことがあったりします。

確実にeoIDを別個にして契約したい人は、インターネットから申し込むようにしましょう。