【超お得に契約】mineoの契約事務手数料を0円にする方法☜

mineoはMNP弾として使える!?ドコモ・au・ソフトバンク回線が使えるmineoのMNP弾としての最安の費用を計算!

格安SIMを契約する大半の方は、毎月の料金を安く済ませたいという理由で契約しています。

ですが、ガジェット系に強い上級者になってくると格安SIMをMNP弾して使う目的で契約しています。

そしてMNP弾として注目されるのが三大キャリアの回線使えるmineo(マイネオ)です。

三大キャリアの回線が使えれば融通が利き、費用を安く済ますことができます。

なので、今回はmineo(マイネオ)をMNP弾として利用した場合の費用はどのくらいになるのかについてと、mineo(マイネオ)はMNP弾として利用したらお得なのかについてを説明したいと思います。

その他にも、mineo(マイネオ)を契約する際にお得になる裏技を紹介したいと思います。

結論から言ってしまうとmineoは、MNP弾として使えます。

mineo(マイネオ)をMNP弾として契約したわけじゃないけど大手キャリアに乗り換えようと思っている方、mineo(マイネオ)をMNP弾として使えるのか気になっている方は是非参考にしてみてください。

【裏技】単純にmineoをお得に契約するために覚えておくこと!

mineoをお得に契約することでやることは以下の5つとなります。

お得に契約する裏技
  • mineo(マイネオ)の紹介キャンペーンを利用する。
  • mineo(マイネオ)を契約/MNPするのは月末にする。
  • 申し込み時に使わなくても30GBで申し込む。
  • mineo(マイネオ)のエントリーパッケージを購入する。

mineo(マイネオ)の紹介キャンペーンを利用する

mineo(マイネオ)の紹介キャンペーンを利用して申し込むと、新規契約事務手数料の3,300円が無料になります。

また、端末を一緒に購入された方は、2,000円分の電子マネーを貰えます。

mineo(マイネオ)の紹介キャンペーンを利用するためには、mineo(マイネオ)を契約しているユーザーからの紹介が必要になるので、周りにmineo(マイネオ)を利用している人がいない人はこのサイトの紹介URLを利用してください。

紹介キャンペーンの利用の仕方や紹介URLは下の記事からどうぞ!

紹介コード: https://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=W0X1C2A1A1

【紹介コード掲載】mineo(マイネオ)紹介の仕方を画像付きで説明!紹介アンバサダー制度(旧:紹介キャンペーン)を確実に得る方法!

mineo(マイネオ)を契約/MNPするのは月末にする

大手キャリアは月初め、月終わりに解約しても、請求される金額は同じです。

なので、月末にMNPする方がお得になります。

ただ、月末を狙い過ぎると、翌月になってしまうことがあるので注意して下さい。

申し込み時に使わなくても30GBで申し込む

mineo(マイネオ)の契約月は、日割り計算なのに1ヶ月分のパケットが貰えます。

なので、申し込むときは30GBで申し込み、契約が完了したらデータ容量を変更します。

そして、mineo(マイネオ)のパケットは1GB=100円で売却可能なので30GBを売却します。(現時点では価格は安い。)

キャンペーン期間中に申し込む

mineo(マイネオ)は定期的にお得なキャンペーンが開催されますので、お得な期間中に申し込むことによって月々の料金を抑えることができます。

ただ、最近ではキャンペーンが適用される期間が短くなったりとお得感がなくなってきました。

また、大盤振る舞いのキャンペーンを開催してもらいたいです。

mineo(マイネオ)のエントリーパッケージを購入する

mineoの紹介キャンペーンを利用すると、新規契約事務手数料は0円になるので、今現在ではエントリーパッケージを購入する必要はありません。

mineo(マイネオ)にはエントリーパッケージと言うのが、mineo店舗、インターネット、家電量販店で販売されています。

このエントリーパッケージにはエントリーコードが記載されており、このエントリーコードを入力して申し込むと新規契約事務手数料が無料になります。

エントリーパッケージはAmazonで344円で販売されています。

お得な契約をし実際にmineoをMNP弾として使った場合の料金!

契約事務手数料 3,300円(0円にすることも可能)
SIMカード発行手数料 440円
マイそくプラン(月額) 660円

合計:1,100円

mineoの紹介キャンペーンを利用すると契約事務手数料を0円にすることができます。SIMカード発行手数料の440円は発生します。

紹介キャンペーンの利用の仕方や紹介URLは下の記事からどうぞ!

紹介コード: https://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=W0X1C2A1A1

【紹介コード掲載】mineo(マイネオ)紹介の仕方を画像付きで説明!紹介アンバサダー制度(旧:紹介キャンペーン)を確実に得る方法!

半年、1年間の割引キャンペーンが入れば?

過去のキャンペーンでは・・・。

半年間333円キャンペーン
12ヶ月410〜

がありました。これだけのお得なキャンペーンがあれば、1年格安で使うことができるし、格安でMNP弾として仕込むことができます。

このようなキャンペーン時に申し込めば十分、MNP弾として使えます。

なので、mineoのキャンペーンは毎回チェックしておくといいでしょう。

マイそくスーパーライトには注意!

mineoの人気プランマイそくから「スーパーライト」が登場しました。

マイそくスーパーライトは通信速度32kbpsで月額250円の利用ができます。

音声対応SIMを使うことができます。

ただ、注意点としては、初期費用の契約事務手数料(新規事務手数料)が必ず3,300円必要になります。

MNP対策でもあるのでしょう。

豆知識 ー シングルタイプからデュアルタイプにタイプ/プラン変更してMNP

mineoにはシングルタイプとデュアルタイプの2つのタイプが準備されています。

  • シングルタイプ・・・インターネット通信だけできるタイプなので安い
  • デュアルタイプ・・・インターネット通信+音声通話できるタイプなので割高

シングルタイプはインターネット通信専用タイプのSIMなので電話番号を引き継いで他社に乗り換えるMNPが不可能となっています。

しかし、最初にシングルタイプを契約してデュアルタイプにタイプ/プラン変更をすればMNPができるようになります。

タイプ/プラン変更だと、契約内容を引き継ぐことができるので利用期間も引き継ぐことができます。

mineoをサブのSIMとして使いつつ、MNP弾として仕込むことができます。

でも、タイプ/プラン変更には手数料が発生し、変更事務手数料2000円(税込み2160円)とSIM発行料440円程度が請求されます

mineoは2回線契約することでパケットが大幅に節約することができます。

なので、mineoをメインで使っている人は、サブでシングルタイプを契約しておくのも有りです。

mineoはMNP弾として使える!? 記事まとめ!

今回は格安SIMのmineo(マイネオ)はMNP弾として利用できるのか説明していきましたがどうだったでしょうか?

mineoはトリプルキャリアなので、au回線・ドコモ回線・ソフトバンク回線を契約できます。

MNP弾として注意することが「au系の格安SIMから大手キャリアのau」「docomo系の格安SIMから大手キャリアのdocomo」「SoftBank系の格安SIMから大手キャリアのSoftBank」にMNPしないことです。

例えば、au回線を使っているUQモバイルからauにMNPしないということです。

なぜなら同じ回線だと判断されればキャンペーンが適用されなくなってしまう可能性があります。

もし、au系であれば、docomo・SoftBank系の格安SIMにするといいでしょう。

mineoは、かMNP弾にされやすくなった!?

以前までは、開始月を含む13ヶ月以内にMNPすると、MNP転出時契約解除料が税込みで10,260円が発生するようになっていました。

今現在では、そういった解約金は発生しないようになりました。

mineoでは解約すると違約金は発生しないようになっています。

開始月を含む14ヶ月以降はMNP転出手数料の税込み2,160円も発生しないようになっています。

結論、mineoをお得に契約することができれば、MNP弾として十分使えます。

1年間、mineo(マイネオ)を普通に利用しても、これくらいの金額なので十分優秀なのではないでしょうか。

しっかり利用すれば、ブラックリストになるリスクも減らせますよ。